ガーナでの日本の家電メーカーの惨状

ここはガーナの首都であるアクラ市内の、とある高級ショッピングセンターです。

ここも、食品はもちろんのこと、日用雑貨や家電、トレーニンググッズやブランドシューズなど、結構なんでも売っていますが、ここに来る度に、日本人である私はガクッとしてしまうのです。

このショッピングセンターの一角に家電コーナーがあり、アジアを代表するメーカーのコーナーがあるのですが、日本の家電メーカーの世界での現状が垣間見えてしまいます。

まずは、韓国メーカーのサムソンのブース。

次に同じく韓国メーカーのLGのブース。

最後に、我が日本のSONYのブース。

なんと、隅っこに、しかも、韓国メーカーの半分のスペースで(´;ω;`)

これが現実です。

「日本メーカーのものは品質が良くて、その分値段も高いから、アフリカ人が買えないからじゃないの?」

いいえ、そんなことはありません。

値段はほぼ一緒です。

プロモーションや、根本的な力の入れ具合が違うからだと思います。

その証拠に、ガーナでもマリでも、空港に降り立ち、イミグレを通過して空港を出ようとすると、柱一面全部サムソンのロゴで埋め尽くされており、アフリカの市場をガンガン開拓しようという意気込みを感じます。

韓国メーカーのサムソン、LG、中国メーカーのハイアールあたりの看板や広告はよく見かけますが、日本のメーカーのそれを見る機会はほぼありません。

とあるショッピングセンターで3年前頃まではパナソニックが入っていたブロックは、パナソニックが消え、違うショップになっていて、その近くのイベントスペースでは、サムソンがプロモーションしていました。

日本よ、うかうかしていていいのか?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s