ナイジェリアは2050年には、世界第3位の人口を誇る国になる見込みです。

ガーナやナイジェリアなど、西アフリカ諸国もその経済成長や人口増加に伴い、越境ECが徐々に活況の兆しを見せています。

私の現地スタッフのガーナ人も、最近では中国のアリババで商品を買い、ガーナで受け取っているようです。

しかし、活況の兆しを見せているとは言え、西アフリカ地域では、住所の問題や物流サービスの未発達の問題から、自宅にまで配達してくれるというところまではなかなかいかず、基本的にはP.O.Boxがある郵便局などに取りに行くというのが主流です。

今後、アフリカ諸国は人口が爆発的に増え、人口ピラミッドも綺麗な三角、インターネットやスマホなどの普及と、今後の経済成長から、越境ECの分野の市場規模は想像以上になるかも知れません。

物流と決済の仕組みを上手く提供できれば、サービスインフラが未発達なエリアである西アフリカ地域でのビジネスの拡大は非常に楽しみになります。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s