アフリカのレンタカー事情

最近日本では、カーシェアリングや、Anycaのような個人の車をレンタルするような形のものも登場して、日本レンタカー事情は、その選択肢は多岐に渡り、とても便利です。

これは日本などの先進国では、身元確認を始めとした社会インフラや、法治国家としての機能、さらに日本においては、他人に迷惑をかけてはいけませんという教育から来る、信頼感の醸成などが寄与しているものと思われます。

一方、アフリカでのレンタカー事情はどうかと言うと、ガーナでちょっとドライブしたいなーと思って車を借りると、車と一緒にドライバーがついてきます(笑)

あ、いや、もちろんドライバーが運転してきて、指定した場所までやってくるわけですが、車だけレンタルすることは余程のことでもない限り、出来ません。

もうレンタカーというよりは、ハイヤー感覚ですけどね。

レンタカー料金も、ドライバーの日当も含まれますので割高ですし、時にはドライバーへのランチ代やドリンク代なんかも持たなければいけませんので、なかなかの出費になります。

なぜこんな形になっているのかと言うと、答えはシンプル、

車だけ貸すと、乗り逃げされるからです(・∀・)

あちゃー、ですね(笑)

想像通りの方いましたか?(笑)

車でもモノでもお金でも、どんなものでも、一度人の手に渡ったものを取り返すのは結構困難なのです。

なので、車は貸すけど、コントロール権は保持したままにするんですねー(・∀・)

その辺のシステムも上手く構築できれば、新たなビジネスの醸成もできるんですがねー(´∀`*)

※写真は当時会社で雇用していた専属ドライバーです。

顔面凶器なのでモザイクかけておきます(笑)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s