アフリカのポテンシャル

モバイル通信会社である南アフリカMTNのガーナ子会社が、ガーナ証券取引場に上場へ。

ガーナにおいて史上最高額となる調達目標額とモバイルマネーでの株式購入によって注目されています。(2018年5月30日)

http://www.businessdayonline.com/mtn-ghana-makes-history-first-mobile-money-based-ipo/

ガーナを始めアフリカ諸国では、いろんな要素が絡まって、モバイルマネーの利用率が世界的に見ても高い気がします。

特にケニアを始めとした東アフリカ地域に至っては、日本のそれよりも圧倒的に高いでしょう。

その背景には、日本や先進国では当たり前のようにある、金融インフラが整っていないという理由が大きく、言い換えると、既得権者のボリュームも少ないため、規制にや邪魔が入りにくいという側面もあるかも知れません。

アフリカのフィンテックの波は、日本のそれよりも、大きくなる可能性を秘めているかも知れません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s