ガーナ男子の結婚観

どこの国でもそうだと思いますが、経済発展を遂げ、生活環境が都市化していくと、晩婚化になる傾向があるようです。

これはガーナにとっても言えることで、ガーナの都市部では、晩婚化の傾向が出てきています。

経済発展自体は歓迎されることだと思いますが、経済発展すると必ず歪みというか、格差も生まれてきて、ガーナ人男性の結婚観を悩ませています。

私の会社の男性スタッフは4人兄弟の末っ子で、2018年現在で25歳。

兄、姉、姉、彼の兄弟構成で、一番上の兄は32歳。

彼のお姉さん2人は既に結婚しており、それぞれ1児ずつの子宝にも恵まれています。

しかし、男二人はまだ未婚。

彼は25歳とまだ若いですが、彼の兄は32歳ですので適齢期と言えるかも知れません。

彼に結婚を意識しないのか?と聞くと、今はムリだと。

ガーナは経済発展に伴い、プチリッチが増えてきてはいるものの、全員が全員仕事にありつけるわけではなく、彼曰く、結婚の第一条件は経済的基盤だと。

さらに、最近の経済の潤いによって、女子たちがさらにワガママになってきており、早く安定収入の道を作らないとヤバイんだと。

なるほど、ちゃんと将来設計を真剣に考えないと、イイ女と結婚できない環境になってきているんだな。

ガーナ男子、なかなか大変だ(笑)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s