日本の本領発揮へ。

小松製作所とAnglo American Platinumが、南アフリカでビジネス支援の共同実施に関するMoUを締結した模様。(2018年6月11日)

https://www.iol.co.za/business-report/companies/amplats-japans-komatsu-in-joint-ict-venture-for-sa-village-15422238

世界のKOMATSUのグッドニュースですね!

コマツは建設機械の情報を遠隔で確認するためのシステム「KOMTRAX」を独自に開発するなど、情報通信技術の高さが特徴的なメーカーですが、その特徴を遺憾無く発揮した覚書の内容のようですね。

記事によると、プロジェクトがコミュニティのためのインターネットリソースへのアクセスを提供し、ICTトレーニングを提供し、住民と企業にデジタル世界へのアクセスを提供するとのこと。

さすが日本企業です。

現地から搾取だけするという、某国旗が真っ赤な国や、某芸術とワインとバターの国とは違いますね(笑)

しっかり現地のベースアップにも一役買うような覚書の内容で素晴らしいと思います!

コマツは世界的な建設機械メーカーですが、これまでは、アフリカでは特にCATが強く、日立やコベルコも、CATの牙城を崩すべく、頑張っていました。

CATの特徴としては、まさにシンプル。

壊れても比較的直しやすいんです。

これは修理技術がまだまだのアフリカではとても受けました。

一方、例えばコベルコなんかは、重機をコンピューター制御しており、遠隔での管理が可能であったり、低燃費、低騒音が売りでもありますので、外国企業なんはコベルコを好んだりします。

アフリカは資源大陸でもあり、鉱業はこれからも益々発展していきます。

これまでは、技術的にもCATくらいしか扱えなかったアフリカ人でした。

しかし、今回のコマツのような取り組みで、優秀な現地の技術者が生まれてくれば、性能的な優秀な日本産が選ばれるようになってくると思います。

日本ならではの支援や進出の仕方で、どんどんアフリカの市場開拓をしていただきたいものです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s