日本は警戒する必要がある気がします。

ジブチにアフリカ最大の自由貿易区が一部完成、中国が建設(2018年7月5日)

http://en.people.cn/n3/2018/0705/c90000-9477755.html

記事によると、

ロジスティクスパーク、輸出製品加工エリア、サービスセンターを含む2.4平方キロメートルの第1段階が木曜日に稼動します。

公園は2年以内に70億ドル相当の貿易を処理する予定です。

初期投資額は3億4000万ドルで、2017年1月に建設が始まり、ジブチと中国の企業20社以上が公園にオフィスを開設する意向を表明し、30社以上が同様の手紙を交渉しているという。

とあります。

ここだけ見ると、アフリカ経済の活性化のためになることであり、とても素晴らしい内容。

日本も同様に、アフリカ各地に自由貿易区や経済特区を作る力を各国政府に貸し、日本もアフリカ経済のイニシアチブを取れるように頑張ってもらいたい、と思います。

しかしですね、今回のこのニュース、ジブチと中国なんですよね。

ジブチは石油運搬のシーレーンとして重要な位置づけの国ですから、軍事的な意味合いがとても強い。

ジブチには既に、フランス、ドイツ、アメリカが軍事拠点を持っており、日本も自衛隊の拠点を持っています。

ジブチは小国ですが、それほど重要な国です。

そこに中国が攻勢を掛けてきているわけですが、軍事拠点を作る目的の他に、中国らしく、商売も絡める狡猾さ。

ジブチの隣国には東アフリカの雄、エチオピアがあります。

人口増加とさらなる経済成長が見込まれている国です。

そのエチオピアは海に面しておらず、海上輸送の観点からだと、海に面している国との関係は大切です。

そこに海に面した、しかも石油運搬のシーレーンとして重要な位置づけのジブチがあり、そのジブチ自由貿易区を作るというメリットは、経済面、軍事面の両方から非常に大きいと考えられます。

日本としては、かなり警戒しなければならないニュースです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s