マリの経済発展につながるか?

アフリカ6カ国で港湾管理を行うUAEのDP Worldが、物流拠点の建設・運営に関してマリ政府と契約締結。(2018年7月25日)

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-07-25/dp-world-plans-to-build-logistics-hub-in-mali-in-africa-push

マリは内陸国です。

その内陸国に港湾管理の会社が?と思って読んでみると、マリに物流のハブ拠点を作るという話ですね。

沿岸国に比べると、内陸国はやはり経済発展は遅れがちになります。

海からすぐではないので、物資の輸送が困難になるためですね。

マリに物流ハブ拠点を作る意図としたら、マリ隣国のニジェールも視野に入れているのかな?

ニジェールの人口増加率は、確か世界でトップクラスのなんと驚異の4%!!

2018年現在のニジェールの人口は、1800万人ぐらいですが、2050年には約7200万人に達すると見込まれており、2100年にはなんと2億人を超える見込み。

その頃の日本は1億人をとうに割り込み、約8300万人程度になる見込みで、今からアフリカに拠点を作っていくというのは、理にかなっています。

マリとしても、陸路の物流拠点のハブができるというのは、経済にいい影響を及ぼしそうなので楽しみです。

マリはまだまだ手付かずの資源も豊富に眠っていますので、マリのこのような話題を聞くとワクワクしますね!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s