ガーナ、通信格差を解消中です(・∀・)

ガーナで、まだモバイルネットワークが整備されていない100の田舎の地域に、モバイルネットワークが整備されました。

https://www.ghanabusinessnews.com/2018/08/05/100-rural-telephone-sites-built-to-boost-access-to-mobile-services/

ガーナでは都市部では既にインターネット網は4Gクラスが整備されてきており、先進国とさほど変わらない環境を享受できます。

しかし、農村部などの田舎の地域やコミュニティには、まだ整備されていない地域もあり、政府と民間の協力で進められています。

今回は100の田舎の地域に展開され、これまでに400以上の田舎の地域に展開されました。

さてこのプロジェクト、どこの民間の会社が関わっているのかと言うと、大手通信会社であるMTNの子会社であるガーナMTNと、Huawei Technologies Limitedが関わっているんですね。

Huaweiは台湾の大手電子機器メーカー。

ここでも日本の存在感はありませんでした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s