ドイツの家電メーカーは本気ですね(・∀・)

ドイツBoschの家電メーカーBosch Appliancesが、2018年中にエチオピアに販売店を開店へ。2019年末までにウガンダ、タンザニア、モザンビーク、セネガル、ジンバブエ、ナミビア、コートジボワール、ナイジェリアでもオープン。

https://www.businessdailyafrica.com/corporate/companies/After-Kenya-launch–Bosch-signals-Ethiopia-entry/4003102-4714850-nmbsf9/index.html

アフリカを本気で開拓しようとしていますね。

日本国内の感覚では、既に家電は行き届いており、高機能の差別化で生き残りを図っている感があります。

一方アフリカは、まだまだ家電が行き届いていない家庭も多く、日本の高度経済成長期の三種の神器状態。

当時の日本の家電メーカーのマインドで進出できればシェアは取れる気はするのですが、日本の家電メーカーのアフリカに対する本気度は今のところ感じません。

逆にガーナにおいては、ソニーのブースはサムソンの半分ですし、パナソニックに至っては、ショールームを閉鎖しました。

日本国内で熾烈なシェア争いをする労力の一部を、アフリカに振り分けることはできないものなのかな?

日本の家電メーカーはチャレンジスピリッツを失ってしまったのだろうか?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s