ドイツは動きが早いですね。

ドイツのフォルクスワーゲンが、ガーナに自動車の組み立て工場を設立します。

https://googleweblight.com/i?u=https://www.graphic.com.gh/news/general-news/akufo-addo-lauds-vw-s-decision-to-set-up-assembly-plant-in-ghana.html&hl=en-GH

私の肌感覚では、ガーナでは、日本車、ドイツ車、韓国車がやはり多く、その中でも日本車が多いイメージですが、その差は僅差です。

ガーナ人に私は日本から来たんだと言うと、だいたいまず第一声が、『TOYOTA!』という言葉が出ます。

それくらい車社会で、日本車は根付いており、TOYOTAやNISSANの販売店はよく見かけます。

ここ数年で、MADE IN GHANAの車(厳密には部品を仕入れての組み立て)も登場しているほどなので、フォルクスワーゲンの組み立て工場設立の動きは自然な流れですね。

ガーナは完成車輸入の際の関税が高いので、今後フォルクスワーゲン社はガーナ国内において、価格競争力がついてくるでしょう。

日本メーカーも追随して欲しいところです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s