ガーナも益々利便性が高まってきていますね(・∀・)

ガーナの西部地域でも、ブロードバンド・ネットワーク・サービスが可能になるようです。

https://googleweblight.com/i?u=https://www.ghanabusinessnews.com/2018/09/02/western-corridor-fibre-optic-project-to-boost-broadband-connectivity-bawumia/&hl=en-GH&tg=313&pt=49

18カ月以内に実行されるこのプロジェクトは、Takoradi、Atuabo、Elubo、Enchi、Amoya、Asawinso、Sefwi Wiawso、Awasoなどの主要都市を通過する広範なブロードバンドネットワークのための約881キロメートルの光ファイバーケーブルを敷設するそうです。

ガーナは東寄り沿岸部のアクラが首都、アクラから北西にクマシという第2都市があります。

今回のプロジェクトで光ファイバーが敷きつめられる都市は、クマシから南側のガーナ西側沿岸部に渡るまでの都市をカバーすることになります。

つまり、ガーナの南側約1/3エリアに渡る広範囲なエリアでブロードバンドサービスが展開できることになり、これらのエリアの利便性はかなり高まりそうです。

日本ではネット系のサービスが既に競争過多になっていますが、ガーナやアフリカではまさにこれからです。

日本で勝負するより、アフリカでチャレンジしてみませんか?(笑)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s