アフリカ人はケミカルを嫌います。

化学メーカーのサラヤがエジプトでの工場建設を計画と現地紙が報道。
https://dailynewsegypt.com/2018/11/17/japanese-saraya-to-establish-10m-worth-cosmetics-pharmaceutical-complex-in-ain-sokhan/

サラヤは大阪市東住吉区に本社を置く、自然派の石鹸や洗剤などを製造するメーカーとして知名度がありますね。

アフリカの人々もケミカルなものを嫌う傾向にあり、同社の製品は需要が高そうです。

また、アフリカの人々は、炭水化物を多く摂取している傾向にあり、糖質過多でふくよかな方が多いです。

そのため、同社が発売している、天然成分100%の甘味料ラカントなんかも需要が高そうですね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s