生保マーケットがアフリカで根付くか。

ルワンダ最大の商業銀行Bank of Kigaliが生命保険事業への参入を検討。
https://www.theeastafrican.co.ke/business/Bank-of-Kigali-to-go-into–life-insurance-business/2560-4857118-view-asAMP-s4dksh/index.html

ガーナに住んでいた時の印象ですが、ガーナ人は保険に対する興味は低く、生命保険加入率はデータを見つけることができませんでしたが、私の周りのガーナ人の中では、20%くらいの加入率でした(^^;;

逆に損保に関しての加入率は割と高めで、車関係に至っては、ほぼ100%。
まぁこれは半分義務化されているせいもあるかもですが。

生保に関しては、その加入率は日本は世界でも突出しているそうで、約90%前後。

日本人はDNA的にも心配性な国民性で、これは科学的にも証明されているようで、そのDNAの性質が、生保の加入率の高さにも繋がっているみたいですね。

ガーナ人はとにかく陽気で、あまり後先のことを考えていない印象(笑)がありますが、ルワンダ人については、アフリカの中でも、割と日本人に近い性質を持っているらしく、真面目だそう。

となると、生保マーケットとしては適しているのかも知れませんね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s