中国の動きは必ず表とウラがありますからね(^^;;

アルジェリアと中国が60億ドル規模のリン酸工場の建設で合意。
https://af.reuters.com/article/investingNews/idAFKCN1NW0LJ-OZABS

アルジェリアと言えば、日本企業である日揮の社員が、イスラム武装集団に誘拐人質にされた事件がまだ記憶に新しいところです。

地中海沿岸に位置しており、ヨーロッパにも近いため、アフリカ大陸の中でも、経済発展が早かった国でもありますね。

リン酸と言えば、Wikipediaによると、

生化学において最も重要な無機オキソ酸といっても過言ではなく、DNA、ATP を構成するため非常に重要。生化学反応では、低分子化合物の代謝においてリン酸が付加した化合物(リン酸エステルなど)が中間体として用いられることが多い。

またタンパク質の機能調節(またそれによるシグナル伝達)においてもリン酸化は重要である。

これらのリン酸化は多くの場合 ATP を用い、特定のリン酸化酵素(キナーゼ)によって行われる。

このほか、肥料・洗剤の製造、エチレン製造の触媒、清涼剤(コーラの酸味料など)、歯科用セメント、金属表面処理剤、ゴム乳液の凝結剤、医薬、微生物による廃水浄化など用途は幅広い。

とあり、特に廃水浄化の点などは、アフリカにとってはかなり必要です。

このような基礎化学の分野でも、中国の影響は大きくなってきていますね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s