VISAがマーケットを取りに来ています。

カード大手Visaが、ガーナで主要銀行と提携しモバイル決済サービス Visa-on-mobileを開始。
https://www.myjoyonline.com/business/2018/November-23rd/visa-unveils-innovative-mobile-payment-service-in-ghana.php

記事によると、

Visa-on-mobileは現在ガーナ、ナイジェリア、ケニア、インド、ルワンダ、エジプトに拠点を置いており、他のアフリカ諸国での立ち上げ計画も進行中です。

Visa-on-mobileは、ガーナのお客様にとって、簡単で安全な支払いソリューションです。

これにより、顧客は、銀行口座内の資金に直接アクセスして、消費者から販売店または、消費者から消費者などに支払うことができます。

支払いは消費者の銀行口座から直接販売店の口座に送られ、無料で両当事者にリアルタイムで通知されます。

このソリューションを導入することにより、これらのモバイル取引は他のVISA取引と同じ規模、セキュリティ、および信頼性で処理されるため、電子決済を受け入れるコストと摩擦が軽減されます。

とあります。

VISAは言わずと知れた、世界最大のクレジットカード会社であり、決済の処理能力や処理スピード、そして何より信頼性の高さと加盟店の数の多さがあります。

今後ブロックチェーンを実装した暗号通貨決済が台頭してくるものと思われますが、それに先んじてVISAはマーケットを取りに来ていますね。

アフリカでも益々モバイル決済の広まりを見せており、競争が激化してきています。

もしかすると、日本よりアフリカでの浸透が早いかも知れませんね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s