コンゴ民主共和国でもフィンテックです(・∀・)

コンゴ民主共和国で送金や有料テレビの申し込み・支払いができる携帯プラットフォームFlash POSが開始。
https://www.ecofinagency.com/finance/2409-38985-dr-congo-flash-pos-announces-the-revolution-in-financial-services-and-electronic-sales

コンゴ民主共和国は、内戦や紛争が続き、現在も不安定さは拭えませんが、人口は約9000万人と多く、資源も豊富な国ですので、安定した経済成長が期待されています。

記事によると、

総人口は9,000万人と推計されており、現時点では銀行活動の割合は活発な人口の6%に過ぎない。

銀行に預ける率の低さにはいくつかの要因があり、第一に、これは金融機関への信頼の欠如とコンゴ人口の低所得によるものです。

第二に、金融ソリューションは不安定なように見えるのに、銀行口座手数料や料金は高いままであること。

しかし、銀行口座や携帯電話口座を持っている人でも、オンラインショッピングはDRCのほとんどの金融機関が顧客にこれらのサービスを提供していないため、未解決の問題と思われます。

デジタル革命の時代が到来する今日、日常生活の多くのサービスがオンラインで提供される可能性があります。

同社のFlash Internationalは、モバイルアプリケーションのFlash POSを通じてこれらのサービスを提供するコンゴ民主共和国の先駆者の1つです。

コンゴ民主共和国の人々に最も多く使われている付加価値サービスの集約により、デジタル流通の世界における真の革命です。

Flashは現在、Vodacom、Orange、Airtel、Africell、Canal +、EasyTV、StarTimes、Flashキャッシュ送金、Flash Ticketのアンドロイドプラットフォームに配信しています。

Flash POSは真のフィンテックのハブです。

直感的でマルチプロダクトで、動的でリアルタイムのレポートが可能です。

また、スマートフォンや当社の3500のフラッシュ代理店からお金のやりとりやオンライン購入の可能性を皆様にご提供する、電子的で信頼性の高い安全な支払い用ウォレットです。

とあります。

コンゴ民主共和国でも、不便が故のフィンテックの活性化が進んでいるようです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s