国際的な競争力の違いからか

ケニアとルワンダがEUとの経済連携協定(EPA)の締結を進めることに。東アフリカ共同体での足並み揃わず。
https://www.nation.co.ke/news/Kenya-and-Rwanda-ready-for-EU-trade-deal/1056-4908382-ab72fp/index.html

EU(欧州連合)と、EAC(東アフリカ共同体)との多国間交渉でしたが、ケニアとルワンダだけが署名したようですね。

他のウガンダ、タンザニア、ブルンジはまだ乗り気じゃない模様。

東アフリカのことはあまり詳しくはありませんが、署名した国と署名しなかった国を見ると、単純に国際的に競争力がある国とそうでない国のように見えます。

記事によると、

タンザニアは、Brexit(英国が当初EUの一部であったことを考慮して)に関する不確実性、ならびにEACの新生産業への脅威を挙げていました。

とあるように、自由貿易が進んでいくであろう中で、保護主義的な発想がまだ強いようですね。

アフリカは経済発展著しいとは言え、まだまだ一国だけで戦える国は少数で、地域連携が不可欠ですが、その地域地域の国ごとで経済格差はまだまだ大きいですので、課題でもありますね。

2 thoughts on “国際的な競争力の違いからか

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s