ナイジェリアは経済規模は魅力ですが、、、

ナイジェリア選挙、イスラム過激派の妨害続く中で投票
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190224/k10011826111000.html

ナイジェリアで、投票開始のわずか数時間前に延期が発表されて混乱していた大統領選挙ですが、1週間後の2月23日に行われました。

約70人もの立候補があったものの、事実上は再選を目指すブハリ氏と、野党候補のアブバカル元副大統領の一騎打ちで大接戦。
大勢判明には数日かかる見通しだということです。

元軍高官のブハリ氏は、2015年の大統領選時に、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」の掃討を掲げて当選していたこともあり、今回の大統領選挙でも、「ボコ・ハラム」の妨害が各地で発生した模様。

北東部の町で政府機関の建物に対して砲弾による攻撃があったようです。

ナイジェリアは民主主義国家でもありますので、大統領選挙も民主的な方法で行われてはいますが、ガーナのように特に大きな混乱や暴動は無くといったことにはならず、かなりの混乱状態を露呈してしまいました。

アフリカで最大の経済大国で、アフリカで一番多い人口を誇る国でもありますので、今後のアフリカを牽引する役目もあるように思いますが、なかなか落ち着きません。

ナイジェリアの経済規模は確かに魅力的ですが、安定や安全を好む日本人としては、西アフリカ地域の拠点は、やはりガーナがいいかなって感じてしまいますね(^^;;

ガーナからナイジェリアに輸出しても関税はかかりませんしねー(^^;;

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s