ケニアでは自宅の駐車スペースがお金になるようです。

オーストラリアの駐車マッチングアプリKerbがケニアに進出。
https://www.businessdailyafrica.com/corporate/companies/parking-app-firm-targets-Kenya-users/4003102-5012608-wpf39u/index.html

このサービス面白いですねー。

アフリカは完全に車社会で、マナーはあまりよろしいとは言えないため、渋滞問題はなかなか大変なものがあります。

路上駐車や迷惑駐車は、ガーナではあまりその存在は感じませんでしたが、ケニアでは問題視されているんでしょうかね。

記事によると、

住宅所有者が自宅の駐車スペースを貸し出すことを可能にするオーストラリアの駐車アプリkerbがケニアで開始された。

関連サービスの利用の拡大を利用するために現地で設立される技術スタートアップの数が増えている。

すでにショッピングモール、教会、学校などの施設に駐車場管理ソリューションを提供している同社は、自宅、オフィス街、または無料駐車場のある場所にユーザーを対応させると述べています。

(中略)

このアプリでは、駐車場全体を数分で一覧表示できます。
在庫状況、価格、車種によってカスタマイズできます。

とあります。

まさにシェアリングエコノミーの考え方で、今まで価値を生み出していなかった価値のあるものをつなげて経済を回す。

いいですねー、面白いサービスです。
いずれ取り入れてみたいです(・∀・)

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s