アフリカもモバイル決済が充実し始めています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

MTNグループが西アフリカで「アフリカ版WeChat」をベータローンチへ。
https://www.moneyweb.co.za/news/companies-and-deals/mtn-to-launch-wechat-of-africa/

MTNはヨハネスブルグに本社を置く通信事業者です。

アフリカ、中東、ヨーロッパ等で事業展開しており、ガーナでも、Vodafone、Airtel、Tigoらと並んで、高いシェア率を誇ります。

そのMTNが、モバイルマネーを含めたチャットサービスを始めるということで、そのビジネスモデルはテンセントのWeChatを参考にするようですね。

通信事業者であるMTNが始めるサービスということで、MTNユーザーしか使えないんですかね?

そうだとすると、ユーザーの囲い込みとしてはアリかも知れませんが、互換性がないと、利便性は悪いですよね?(^^;;

アフリカではチャットサービスはWhatsAppがメインで、その牙城を崩すのはなかなか困難だと思いますし、WhatsAppも一部の国で、モバイル決済サービスを開始していますね。

今やQRコードを用いるなどしたモバイル決済サービスは、中国が先端を走っており、その中国人はアフリカにも多くいることから、WeChatPayやAlipayなんかもアフリカに入ってきています。

その中で通信事業者であるMTNも開始するということで、競争激化中ですね。

日本よりも早くモバイル決済サービスは浸透するかも知れませんね。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s