電通を辞めて、ケニアに移住した日本人女性

PVアクセスランキング にほんブログ村

アフリカで働きたいから電通辞めてDMMへ。ナイロビで美容×広告事業を目指す
https://www.businessinsider.jp/post-189139

もう私なんて足元にも及ばないほどの、しっかりとした選択眼をお持ちの女性ですね。

記事の中で松崎さん曰く、DMMという会社は、

「資金があること。意思決定のスピード。自分で提案できる環境。これらがDMMを選んだ理由です」

とのことで、DMMは他の旧態依然とした、他の日本企業にありがちな、決裁決裁決裁といった壁がほとんどない環境があるようですね。

下記もアフリカあるあるですね(^^;;

🌍🌍🌍🌍🌍🌍

「想定外だったのは、意外とマネジメントの部分で時間を使うということです。社員が出勤してこなかったり、でたらめな報告があったりもするので、徹底的に管理しなくてはならない」(松﨑)

🌍🌍🌍🌍🌍🌍

わかります。
慣れないと一日中イライラしっぱなしになりますね。

特に生真面目な日本人ほど、最初にぶち当たる壁ですね。

あと、記事の中にある下記の部分、

🌍🌍🌍🌍🌍🌍

小中高一貫の女子校から慶応大学を経て、新卒で電通に就職といういわゆる王道的なキャリアを歩んできた。

だが、父親には「人と違うことをしろ、人と違う視点を持て」と言われて育った。
※↑いい教えですよね

だからこそ、電通を退職してアフリカにいくことには迷いはなかったという。

「やりたいことが見つかった。アフリカという自分だけの視点で、まだ確立されていない領域を現地で究めてみたいと思った」
と彼女は振り返る。
※↑チャレンジしてみたくなる気持ちやかります

自分の市場価値が格段に高まる場所がアフリカだと感じた。
※↑禿同

🌍🌍🌍🌍🌍🌍

松崎さんは、学生時代にアフリカを訪れたそうで、旅行でケニアなどアフリカ数カ国を訪れ、「いつかはアフリカで働きたい」と強く思っていたそうです。

アジアや南米も回ったが、アフリカの桁違いのカオス感にポテンシャルを感じたと。

アフリカには、「アフリカの水を飲んだ者は再びアフリカへ帰る」という諺があるように、一度アフリカを訪れると、その魅力やポテンシャルにハマる人は少なくありません。

松崎さんもその1人のようで、ケニアに移住まで決め、その地でチャレンジし続けている姿は本当に素敵です。

そしてそのような環境を作っているDMMという企業も、他の日本企業とは違ったスピード感があり素敵ですね。

このような企業や人財が、日本から多く出てくることを願います。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s