いわゆるUber eatsがアフリカでも

PVアクセスランキング にほんブログ村

スペインのデリバリー会社Glovoが170億ケニアシリングを調達しアフリカで事業拡大。ケニアでのラインナップ拡大とともにガーナ、ナイジェリア、タンザニアへの進出を目指す。
https://www.businessdailyafrica.com/corporate/companies/Glovo-raises-Sh17-billion-for-expansion/4003102-5104804-3fsgxez/index.html

タクシー配車アプリから端を発した、アプリを活用したフードデリバリーサービス。

簡潔に言うと、Uberが自社の配車アプリを活用したフードデリバリーのUber eatsを行なっているように、スペインのデリバリー会社Glovoは、いわゆるUber eatsです。

とにかく昨今、配車アプリや、そのアプリを活用したフードデリバリーは活況になってきており、競争が激化中。

そのせいもあってか、Uberは大型上場したものの、公募価格割れをしており、市場はシビアな見方になってきています。

そんな中、Glovoはアフリカ市場の開拓に舵を切ってきており、マーケットを取りに来ています。

アフリカでは宅急便もそうであるように、フードデリバリーもまだまだ未発達。

しかし、都市部での渋滞激化などから、届けてもらいたいというニーズは年々高まってきており、需要は確実にあります。

その需要を取り込むためにでも、自社で配送ドライバーを抱えるというリスクは犯したくなく、既に存在しているものをサービス扱いにするマッチングアプリは効率がいいです。

サービスがまだないところにサービスを。

今後益々アフリカ市場で、Uber eatsのようなマッチングアプリの競争は激しくなってくるでしょうね。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s