アフリカ純血ワイン?

PVアクセスランキング にほんブログ村

DMM、ワインの輸入事業をスタート。第一弾として赤道直下のケニア産ワイン「Leleshwa」を国内で初めて販売オンラインで3種3アイテムを販売。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003347.000002581.html

DMMは、アフリカで数々のビジネスチャレンジを行なっている会社です。

日本企業としては珍しく、リスクをガンガン許容して、アクティブに攻め続けているところなんかはリアルに尊敬します。

そのDMMが酒販免許を取得し、ケニア産ワインの輸入販売を開始しました。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/dmm-global-market/

アフリカでワインと言えば、圧倒的に南アフリカ産のワインが有名で、他にはモロッコやチュニジア、アルジェリアなど。

これらの国の特徴は、白人文化が根強いということ。

つまり、私の勝手な個人的主観に基づく定義(笑)からいくと、ケニア産のワインこそがアフリカンワインじゃないかと!

記事によると、

1992年にケニア・ナッツ・カンパニーのオーナーであるピウス・ヌグキ氏が「ケニアで高品質のワインを作りたい」という想いからリフト・バレー・ワイナリーを設立。

1,600mを超える標高でのぶどう栽培に挑戦し、試行錯誤を重ねながら10年目にして最初のワイン生産にたどり着き、その後さらに10年をかけ市場での販売開始に至りました。

100%ケニア産の自社ぶどう畑で造られ、最新のニューワールドの産地として国際的にも注目されています。

とあるように、ケニア純血ワインの模様。

ただ、このケニア・ナッツ・カンパニーって、創業者は日本人だった気がしますね。

その関係性もあって、DMMが参画できたという流れもあるのかな?

この動きが他のアフリカ諸国にも広がり、アフリカ産ワインがたくさん飲める日が来ると嬉しいです。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s