ナイジェリアは日本と同じ水準ではダメです(笑)

PVアクセスランキング にほんブログ村

ナイジェリア中央銀行が民間銀行に対して預貸率60%以上を義務化。
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-07-04/nigeria-sets-minimum-loan-to-deposit-ratio-to-spur-bank-lending

記事を抜粋すると、

ナイジェリアの銀行は主要な新興市場で最も消極的な貸し手の1つであり、平均預貸率は60%を下回っています。

ブルームバーグがまとめたデータによると、それはアフリカ全土の78%よりも明らかに低い。

南アフリカでは90%以上、ケニアでは約76%の預貸率があります。

とあります。

ナイジェリアの銀行はリスク回避に向かっている傾向にあり、預貸率の低さは、ナイラ債などの国債購入に向かっているようです。

資金は経済の血液ですから、銀行で塞きとめるのではなく、市中に回したほうが経済活動は潤滑になります。

しかし、預貸率が高くなりすぎると、当然貸倒率も高くなってきますので、銀行はバランスを見るわけです。

ちなみに下記は、日本の銀行の預貸率の推移です。

日本もリスク回避傾向にあるようです。

日本は残念ながら、人口も経済も縮小傾向にありますので、あまり大きなチャレンジができない停滞感が漂っています。

しかしナイジェリアは、今後の人口爆発と、それに伴うさらなる経済成長が見込める国ですので、資金はどんどん市中に回したほうがいいですね。

国として、中央銀行としての今回の義務化はいいと思います。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s