MTN、モバイルマネーでもナイジェリアの市場を開拓

PVアクセスランキング にほんブログ村

ナイジェリアの中央銀行が通信会社MTNの子会社に金融サービスを提供するライセンスを認可。
https://af.reuters.com/article/investingNews/idAFKCN1UP0LR-OZABS

記事によると、

ナイジェリアは昨年、通信会社が銀行サービスを提供できるようにすると発表し、銀行口座のない何百万人ものナイジェリア人にいわゆるモバイルマネーサービスへのアクセスを提供することを目指しました。
これはケニアで成功した政策です。

MTNナイジェリアの過半数を所有する南アフリカのMTNグループは、ナイジェリアでモバイルバンキングライセンスを申請する予定であり、2019年にサービスを開始する予定であると述べました。

1兆ナイラ(65億4,000万ドル)でデビューし、市場価値で取引所の2番目に大きい銘柄になりました。

とあります。

MTNはアフリカでは超メジャーな通信会社です。

アフリカでは銀行口座を持っていない層は多いですが、携帯電話の普及率はアフリカ全体でも75%を超えてきているとも言われています。

その通信会社が金融サービスを提供するということは、銀行サービスがアフリカ人たちの手元に来ることと同等であり、莫大なビジネスチャンスが潜んでいます。

モバイルマネーはケニアのエムペサが大成功事例として有名ですが、エムペサが始まった頃は、銀行はエムペサを馬鹿にしており、完全スルー状態でした。

しかし、そのエムペサの利便性がウケにウケまくって、瞬く間にユーザー数を増やし、銀行でも抑えが効かない状態になりました。

その後銀行は、同様のサービスに目を光らせて、一部邪魔をする行動を取ったりしたこともあるようですが、もう時代の流れは止められないようですね。

銀行は共存の道を選択するしかないでしょう。

ちなみにガーナでは、MTNモバイルマネーを使ってBTCが買えるサイトがあります。

BTC買うのに銀行は必要ありません(笑)

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s