エムペサが国際送金事業を拡大

PVアクセスランキング にほんブログ村

通信会社サファリコム がモバイルマネーM-Pesaの国際送金事業の拡大に4億700万ケニアシリングを投資。
https://www.businessdailyafrica.com/corporate/companies/Safaricom-invests-Sh407m-in-M-Pesa-global-business/4003102-5224450-qvpoijz/index.html

記事によると、

このプラットフォームにより、顧客はWestern Union、PayPal、Aliexpressなどの他の支払いプラットフォームとのパートナーシップを通じて、お金の送受信や支払い、国際的なeコマースへの参加が可能になります。

Safaricomは、この新しいベンチャーはプラットフォームのエコシステムを拡大することでM-Pesaのユーザーとトランザクションを拡大する計画の一部であると言います。

M-Pesaの収益は、3月に終了した年に19.2%増加して750億Shになり、他のビジネスラインよりも急速に成長しました。

とあります。

店舗にわざわざ足を運ばずとも、手元にウェスタンユニオンの店舗がある感覚ですか。
これは便利ですねー。

日本は国内需要が旺盛であまり感覚がないと思いますが、途上国では出稼ぎ労働が当たり前だったりするので、国際送金は個人でもごく身近なんですよね。

今は東アフリカではエムペサが一強と言っていい感じですが、そろそろ暗号通貨系の送金サービスが出てきてもいい感じですけどね。

途上国とブロックチェーン技術の相性は先進国よりもいいはず。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s