物流アプリのKobo360、アフリカを順次開拓中

PVアクセスランキング にほんブログ村

ナイジェリアの物流スタートアップKobo360が、ゴールドマンサックスをリードインベスターとする投資家から2,000万ドルを調達、新たに10カ国への進出とブロックチェーン対応サプライチェーンプラットフォームの開発へ。

Nigerian logistics startup Kobo360 raises $30M backed by Goldman Sachs

以前にこのブログでも取り上げたKobo360が益々事業拡大です。
※Kobo360はどんな事業をしているのかはコチラ
https://my-afrika.com/2019/04/04/

記事によると、

トラック運送業者と企業を配送サービスに接続するUberのようなアプリを備えたKobo360は、その資金を使用してプラットフォームをアップグレードし、ナイジェリア、トーゴ、ガーナ、ケニアの現在の営業市場を超えて10か国に拡大します。

2017年にラゴスでローンチされて以来、Kobo360は製品の提供、VCの支援、顧客ベースの拡大を続けてきました。

スタートアップは、アプリでつながる10,000人以上のドライバーとトラックをクライアントに持ちます。

主なクライアントには、ハネウェル、オラム、ユニリーバ、ダンゴテ、DHLが含まれます。

顧客重視に加えて、創業者のIfe Oyedele IIとObi Ozorは、スタートアップのドライバーにサービスを提供することを優先しています。ハウサやピジンなど、ドライバーに共通の言語で会社のアプリを提供します。

また、Kobo360は、HMOパッケージから家族の授業料支援までの一連のドライバーサービスである、Kopay、KoboSafe保険商品、KoboCareという独自のドライバー運転資金ファイナンスプログラムを開始しました。

このスタートアップは、アフリカで成長している電子物流と輸送スペースの一部であり、オンデマンドアプリをモバイルベースの接続にリンクして、人々や商品をより効率的に大陸中に移動させています。

乗用車の分野では、UberやBoltなどのグローバルプレーヤーが競い合い、自国の新興企業が大陸の自動車およびオートバイタクシー市場で収益をデジタル化して獲得しています。

電子物流の貨物配送では、2つのスタートアップ(Kobo360とLori Systems)が、投資、規模、および拡張に関して、競争力を維持し続けています。

Kobo360は今年、ロリシステムズの本社であるケニアに移動しました。 Lori Systemsは2018年9月にナイジェリアに進出しました。

商業調査会社のMarketLineは、2016年のナイジェリアの輸送部門の価値を60億ドルと見積もっており、99.4%が道路貨物を占めています。

Kobo360のCEO、Obi OzorはTechCrunchに、スタートアップは2020年第1四半期までに10か国にまで展開すると語りました。

国境を越えた貨物サービスとして、同社はアフリカ大陸の自由貿易地域(AFCFTA)の恩恵を受けたいと考えています。

AFCFTAは、大陸の54か国すべてによって署名され、パンアフリカの商業活動に対する障壁と摩擦を軽減します。

(中略)

Kobo360は、3000万ドルの資金の一部を使用して、グローバルロジスティクスオペレーティングシステム(略してGLOS)を構築します。

これは、企業がより多くのサプライチェーンサービスに移行するのを支援するブロックチェーン対応プラットフォームです。

Kobo360の2,000万ドルのシリーズAは、6月にエジプトの乗用車会社Svwlが4,200万ドルを調達した後、今年のアフリカのスタートアップへの5番目に大きな投資です。

Kobo360の既存の投資家であるIFC、TLCom Capital、Y Combinatorがラウンドに参加しました。

ゴールドマンサックスは、TechCrunchにシリーズAのリードを確認しました。

過去数年間、米国に拠点を置く金融会社のアフリカへの投資には、eコマースユニコーンJumia(最近NYSEに上場)の支援が含まれ、南アフリカへの5,200万ドルの投資をリードしています。

ゴールドマン・サックスのジュール・フレボーは、シリーズAをリードする理由として、アフリカの物流エコシステムの信頼性と効率を向上させるために、短時間で迅速にスケーリングし、技術を使用するKobo360の能力を挙げました。

「また、大陸の複数の地域で複製可能なビジネスモデルです」と、彼は電話でTechCrunchに語りました。

Kobo360は国際的な拡大に向いていますが、今のところナイジェリアとアフリカに集中し続けることを期待しています。

「私たちは間違いなくグローバルに考えています。最初に自国の市場を網羅することを確認したいだけです。それから外を見始めます」とOzor氏は言いました。

とあります。

不便なところにビジネスチャンス有りの好例ですね(・∀・)

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s