アフリカも5Gの時代へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ナイジェリア通信委員会が5Gの試験運用に向けた帯域利用を認可、ブロードバンドインフラの展開を促進。
https://www.dailytrust.com.ng/ncc-approves-spectrum-for-5g-trial-in-nigeria.html

記事によると、

ナイジェリア通信委員会(NCC)は、国内の5Gサービスの試用のスペクトルを承認しています。

委員会はまた、インフラストラクチャー企業へのカウンターパートの資金調達に関する交渉を終了しました。

ナイジェリアの通信業界規制当局によると、これにより、スマートサービスやその他の新しい技術がホストされるブロードバンドインフラストラクチャの展開がサポートされます。

2019年のアフリカの広告代表候補者NCCの副会長であるUmar Garba Danbatta教授は、アブジャで開催されたナイジェリアの電気通信産業規制当局が主催する第一回デジタルアフリカウィークのオープニングセッションでこれらを公開しました。

「 『NCCは、ナイジェリアでのデジタル革命とデジタルインクルージョンを促進することを目的としたポリシー、プロジェクト、プログラムを推進し、実施し続けます。

この点で、ダンバッタ教授は次のように述べています。

NCCがブロードバンド実装監視委員会(BIMC)を設立して、4年間の実装計画内でインフラストラクチャー企業プロジェクトの完全な実装を監視したと述べました。

これは、全国にユビキタスブロードバンドインフラストラクチャを提供するというムハマドゥブハリ大統領の宣言に沿ったものです。

あらゆる経済におけるモノのインターネット(IoT)デバイスとスマートサービスの展開を実現する上で、ブロードバンドの普及が果たす重要な役割を意識して、ダンバッタ教授は、NCCがナイジェリア全体にブロードバンドインフラストラクチャの展開を促進するフレームワークを開発したと述べました。

NCCの枠組みは、北東、北西、南東、南西、南南、ラゴスの6つのインフラ企業(インフラコス)のライセンス供与につながった、と彼は言いました。

アブジャの連邦首都特別地域を含む北中部の7番目のインフラストラクチャーのライセンス供与のプロセスは完了しており、ライセンスはすぐに授与の準備ができている、と彼は明らかにしました。

インフラコスは、ナイジェリアの774の地方自治体全域で、10ギガバイト/秒(10 Gbps)の最小容量でメトロおよび都市間ファイバとブロードバンドアクセスポイントを展開する、と彼は付け加えました。

「ITUによるスマートシティの主要業績評価指標(KPI)の開発では、スマートにするという目標を達成するために、すべての町と都市に広範かつ遍在するブロードバンドインフラストラクチャが不可欠です」とダンバッタは言いました。

Danbatta教授は、「ナイジェリアは、National Broadband Plan(NBP)(2013〜2018年)で設定された30%の普及目標を達成しただけでなく、2019年6月末には33.31に達した」と興奮して専門家に語りました。

とあります。

アフリカも5Gの時代に突入です。
不便な場所で始まる新時代のサービスは、先進国の伸びを時として凌駕します。

近い将来、日本よりもアフリカって便利だねっていう時代が来るかも知れません。

ただ、この5Gの裏には、中国の影が見え隠れしているのを感じるのは私だけではないはず(^^;;

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s