ナイジェリアも消費増税です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ナイジェリア政府が付加価値税(VAT)の5%から7.2%への増税を閣議決定。
https://af.reuters.com/article/investingNews/idAFKCN1VX1OA-OZABS

記事によると、

ナイジェリアは、アフリカ最大の石油輸出国が原油販売への依存を減らすことを目指しているため、商品に対する付加価値税を引き上げる計画だと述べた。

ムハマドゥ・ブハリ大統領の政府は、石油の売上が外貨収入の90%を占めるため、石油以外の収入を増やしたいと繰り返し述べています。

非常に多くの中小企業が登録されていない国では、税金からより多くのお金を集めるのは難しいことがわかっています。

ザイナブ・アーメド財務大臣は、提案が承認された内閣会議の後、水曜日遅くに記者に演説し、政府は来年のVATを現行の5%から7.2%に引き上げることを提案した。

現在のレベルは世界で最も低いレベルの1つです。

「連邦政府はVATの15%しか保持していないため、これは重要です。85%は実際には州と地方政府のためです」と彼女は言いました。

「州は、最低賃金の義務を満たすために追加の収入を必要とします。」

ナイジェリアの最低賃金は18,000から4月に30,000ナイラ(98ドル)に引き上げられました。

最低賃金の引き上げに先立ち、政府はナイジェリアの36州の多くが州の従業員の給与の支払いに苦労していると主張していました。

計画されたVATの引き上げは、法律になる前に議会で承認される必要があります。

議会の上院の財政委員会である上院は、アーメドと連邦内国歳入庁の議長を招き、計画の背後にある理由を説明する、と議長は木曜日遅くに述べました。

以前、主要な野党人民民主党(PDP)はこの提案を批判しました。

「VATの増加は、老朽化した経済を悪化させ、商品やサービスのコストの(結果として)増加につながるため、家族やビジネスに圧力をかけるでしょう」とPDPは声明で述べています。

西アフリカの国は、石油価格の低迷の結果、2016年に不況に陥りました。

2年前の景気後退からの脱却にもかかわらず、経済成長率は低いままで、第2四半期は1.94%でした。

インフレ率は過去3年間、中央銀行の1桁の目標を上回る2桁の数値を維持しており、ほとんどの人が1日2ドル未満で生活している国での生活費を押し上げています。

提案されているVATの引き上げは、税収を増やすためのより広範な取り組みの一部です。

とあります。

アフリカの多くの国は、税金の徴収システムが脆弱なため、政府は税金徴収に苦労している側面はあります。

しかし、政府にお金が入ってしまうと、政府はなかなかの腐敗ぶりですから、ちゃんと市民や国民のために使われるということは、先進諸国に比べると低い。

日本でも税金の使い方に疑問符がつくことは多いですが、アフリカ諸国のそれは比べものになりません(笑)

ブロックチェーンで税金等の流れを管理すれば一発解決な気もしますが、どこの政治家もそれはやりたがらないでしょうね。

ただ、色んなインフラがまだ脆弱なアフリカでは、先進諸国よりも、先進技術の導入は早くなるかも知れません。

気づいた頃には、日本は完全なる後退国にもなりかねないですので、気を引き締めて、日本以外の状況もつぶさにチェックしておきたいと思います。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s