アフリカも5Gの時代へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

アフリカの通信会社rainがアフリカ初の5Gネットワークを提供開始。
https://www.iol.co.za/business-report/technology/rain-launches-first-5g-network-in-africa-33181331

記事によると、

rainのチーフマーケティングオフィサーであるKhaya Dlangaは次のように述べています。

「rainの5Gカバレッジエリアの選ばれた顧客は、月に1,000ランド(約7,000円)だけで超高速5G無制限インターネットを使えます。

5Gルーターを自宅に接続し、インストールの必要はありません。

ルーターはプラグアンドプレイですぐに接続できます。

rainのユーザーが高解像度ビデオを複数のデバイスに同時にストリーミングできるようにします。」

rainの最初の5G製品は、ADSL、光ファイバー、固定LTEの代替として、高速で手頃な価格で簡単に設置できるワイヤレス接続を家庭や企業に提供することです。

次の数週間で、同社はヨハネスブルグとツワネのカバーエリア内のすべての家庭と中小企業にオファーをオープンします。

2020年の間に、カバレッジエリアは南アフリカの主要なメトロに拡大されます。

rainは、4Gデータネットワーキングインフラストラクチャを活用して、規制された3600 MHzスペクトルバンドで5Gネットワークを構築しています。これにより、rainは費用対効果の高いネットワークを構築し、必要な追加サイトの数を制限しながら、広い範囲をカバーできます。これにより、雨が南アフリカのデータのコストを削減できます。

4Gデータの提供が成功した後、rainはアフリカの最初の商用5Gネットワークを、選択した既存の顧客が利用できるようにすることで活性化しました。

Dlangaは、「経済的な成長を回復するためには、手頃な価格の高速ブロードバンドへのアクセスが重要です」と述べました。

5Gは次世代のワイヤレスネットワーキングテクノロジーであり、速度と容量が大幅に向上しています。

平均して、5Gは既存の4G / LTEネットワークの少なくとも10倍の速度を提供できます。 Dlangaは、テスト中に理想的な条件で速度が700 Mbpsに近づいていることを確認しています。

「しかし、実際の状況では、少なくとも200 Mbpsの顧客が見られると予想されます」とDlanga氏は述べています。

将来的には、5Gはスマートフォン向けの超高速モバイル接続にも対応し、数百万ものInternet of Things(IOT)デバイスの接続を可能にします。

Dlangaは、rainが南アフリカで5Gおよび4IRエコシステムを構築する上で重要な役割を果たすことを約束していると述べました。

とあります。

アフリカも5G時代に突入で、その5Gを活用したサービスがさらに登場してくるでしょう。

元々インフラがあまり整っていないところへの新たなネットワークサービスは一気に拡がる傾向があり、近い将来の利便性は、規制ガチガチの日本のそれを凌ぐかも知れません。

しかし一つ心配なのは、この南アフリカの5G、確かHUAWEIの技術を使っているんですよね。

それはつまりそういうことなので、アフリカは着々と確実に、中国の監視下に置かれつつあります。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s