配車アプリは新興国に必要です(・∀・)

PVアクセスランキング にほんブログ村

ガーナで年内に乗用車の組立生産を開始する独フォルクスワーゲンが、ルワンダに続いてガーナでの配車アプリ事業の開始を検討中。
https://www.reuters.com/article/us-volkswagen-ghana/vw-weighs-expanding-ride-hailing-business-to-ghana-idUSKBN1X11JB

記事によると、

フォルクスワーゲン(VW)は、昨年12月にアプリ主導の「移動」サービスを開始しました。

ルワンダの首都キガリを、最終的にアフリカの未開拓の新車市場の開拓に役立つビジネスモデルの最初のテスト拠点とします。

「1月に、ガーナでどのようなモビリティ会社を設立するかについて決定が下されます。

どのサービスがいいのか?カーシェアリングなのか?それともライドオンなのか?

その決定の際に、ルワンダからの現在のデータは非常に貴重です」と、トーマス・シェーファーは月曜日遅くに記者団に語りました。

VW、日産、トヨタ、ホンダ、プジョーなどのグローバルな自動車メーカーは、消費者の収入と願望が高まっているアフリカの市場を開拓しようとしています。

(後略)

ガーナのタクシー事情は、他のアフリカ諸国もだいたい同様だと思いますが、個人の登録制です。

運賃もまちまちで、もちろん料金メーターはなく、事前交渉制です。

そのため、外国人はだいたいぼったくられます。

そんな中でUberは既にガーナにも進出しており、その明朗会計さと、スマホで完結するスマートさがウケ始めている様子。

フォルクスワーゲンの配車アプリ事業が、どのような差別化を図ろうとしているのかはわかりませんが、配車アプリが人々に受け入れられてくるのは必然。

特に治安に不安がある地域などは、どこにいても気軽にスマホで呼べ、ドライバーへの評価制度で悪質ドライバーをある程度排除できている配車アプリはとにかく安心です。

移動のしやすさは経済発展に欠かせない部分でもありますので、アフリカでも良質な配車アプリサービスがどんどん生まれてきて欲しいですね。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

トヨタの流通網は強そうだ(・∀・)

PVアクセスランキング にほんブログ村

豊田通商がケニアで生産するブレンド肥料について、近隣諸国への輸出も視野に入れ、同社自動車販売ネットワークを活用し拡販。
https://www.businessdailyafrica.com/corporate/companies/Toyota-Tsusho-plans-to-export-Kenya-fertiliser/4003102-5323266-t56n22/index.html
https://www.toyota-tsusho.com/english/ir/pdf/library/integrated-report/ar2019e_all.pdf

記事によると、

日本の複合企業である豊田通商は、ケニア製の肥料で地域市場に注目し、農業活動を拡大しようとしています。

同社は2019年の統合報告書で、同社の確立した自動車販売ネットワークを使用して、エルドレット工場で配合するBarakaブランドの肥料を宣伝すると述べました。

「豊田通商は、長年培ってきた自動車販売網を活用して販売を促進し、近隣諸国への販売や輸出も可能にすることで、食料の安定供給と経済発展に貢献します」と、報告書で語っています。

コングロマリットの加工子会社である豊田通商肥料アフリカ株式会社は、2016年にブレンド活動を開始し、Mea Limitedに続きケニアにそのような施設を設立した2番目の会社になりました。

同社によると、ケニアの年間肥料需要は60万トンから150万トンに増加すると予測されており、農家のニーズを満たすために取り組んでいるとのことです。

(後略)

とあります。

豊田通商は言わずと知れた、トヨタグループの総合商社です。

アフリカでのトヨタ人気は依然として高く、当たり前ですが、かなりの流通網を持っています。

その流通網を活用して、売れるものを載せるのは商社としては当たり前のことでしょうね。

このトヨタの流通網というのは明らかな強みです。

この流通網を、トヨタグループだけでなく、中小企業にも活用の余地を与えていただきたいですが、それは虫が良すぎますかね?(^^;;

国策かのようにガンガンとメイドインチャイナの商品を流通させている中国に対抗するには、日本もオールジャパン的な感覚で流通網をシェアし合いたいですが、開放してくれないだろうなー。

開放してくれたとしても、すっげー手数料取られそうだなー。

企業なので、一にも二にも先に利益追求は理解できますが、日本としてのマーケット拡大という大義を優先してくれる日本の大企業が出てきて欲しいものですが、それは無理な相談ですかね(^^;;

ま、コツコツと頑張りますか(^^;;

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村