ソフトバンクとチャイナマネーには先見の明がある模様

PVアクセスランキング にほんブログ村

ナイジェリアのフィンテックスタートアップOPayが、ソフトバンクや中国系ベンチャーキャピタルからシリーズBで1億2,000万ドルを調達。

Opera’s Africa fintech startup OPay gains $120M from Chinese investors

記事によると、

アフリカを中心としたフィンテックのスタートアップOPayは、中国の投資家に支えられた1億2000万ドルのシリーズBラウンドを調達しました。

OPayは、ラゴスにあり、消費者インターネット会社Operaによって設立され、資金を使用してナイジェリアで規模を拡大し、支払い製品をケニア、ガーナ、南アフリカに拡大します。

シリーズBの投資家には、Meituan-Dianping、GaoRong、Source Code Capital、Softbank Ventures Asia、BAI、Redpoint、IDG Capital、Sequoia China、GSR Venturesが含まれます。

OPayの1億2,000万ドルのラウンドは、スタートアップが6月に5,000万ドルを調達した後に行われます。

また、ナイジェリアのフィンテック企業InterswitchへのVisaの2億ドルの投資と、中国のTranssionが主導するLagosベースの決済スタートアップPalmPayによる4,000万ドルの調達にも続きます。

いくつかの簡単な要点があります。

ナイジェリアは、フィンテックVCとアフリカでの拡大の震源地となっています。

そして、中国の投資家はアフリカの技術に紛れもないピボットを行っています。

Operaの大陸での活動は両方の傾向を表しています。ノルウェーに本拠を置く、中国が所有する(多数)会社は、インターネット検索エンジンの人気を理由に2018年にOPayを設立しました。

Operaのウェブブラウザは、過去4年間、Chromeに次ぐアフリカでの使用で第2位にランクされています。

同社は、OPayの金融ユーティリティを中心に、ナイジェリアでインターネットベースの商用製品の多機能スイートを構築しました。

これには、自動二輪車の乗用車アプリORide、OFood配信サービス、およびOLeads SMEのマーケティングと広告分野が含まれます。

「OPayは、ナイジェリア、ガーナ、南アフリカ、ケニア、および他のアフリカ諸国の人々に、最高のフィンテックエコシステムを提供します。

OperaのCEOおよびOPayのYahui Zhou会長は、声明の中で次のように述べています。

Opera CFOのFrode Jacobsenは、OPayがOperaのアフリカネットワーク全体で1億2,000万ドルを展開する方法について、さらに光を当てています。

OPayは、請求書の支払いと通信時間の購入に関するボリュームをキャプチャしようとしますが、必ずしも優先順位としてではありません。

「それはあなたが毎日やることではありません。 Jacobsen氏は次のように述べています。

それらには、輸送サービス、食品サービス、その他の種類の日常活動が含まれます、と彼は説明しました。

ジェイコブセンは、OPayが1億2,000万ドルを使用して、開示されている国よりも多くのアフリカの国々に参入することも指摘しています。

シリーズAのレイズ以来、ナイジェリアのOPayは、会社の統計によると、140,000人のアクティブエージェントと1日あたりの取引量1,000万ドルにまで拡大しました。

OPayの1億2,000万ドルのVC調達は、別の大規模な資金調達ラウンドとして際立っているだけでなく、アフリカのさまざまなレベルの技術エコシステムにとって重要です。

中国の投資家が大陸のスタートアップシーンに参加した年として2019年を迎えます。

OPay、PalmPay、および東アフリカのトラック運送会社Lori Systemsは、数か月の間に中国の15人の俳優から合計2億4,000万ドルを調達しました。

OPayの資金調達と拡張計画は、アフリカのデジタルファイナンススペースでの国境を越えた激しいフィンテック競争の前兆でもあります。

これには、アフリカで最も量の多いモバイルマネー製品であるM-Pesaとケニアで直接やり取りするOPayが含まれます。

注目すべき並行イベントには、Interswitchの差し迫ったIPO、eコマースベンチャージュミアのデジタルファイナンスへの移行、WhatsAppのアフリカの支払いへの参入が含まれます。

大陸の12億人は、世界の銀行を持たない人口と銀行不足の人口の最大のシェアを占めており、フィンテックアフリカの最も有望なデジタルセクターとなっています。

しかし、それは特に混雑しているセクターになりつつあり、そこではスタートアップの減少と失敗が確実に影響を及ぼします。

OPayの資本調達がOperaをアフリカでのマルチサービスの商用インターネットプラットフォームへとどのように動かしているかは見逃せません。

これにより、OPayとそのOperaがサポートする製品スイートは、大陸中の他の乗用車、食品配送、決済のスタートアップと競争力のある基盤になります。

つまり、Operaとアフリカ最大のマルチサービスインターネット企業であるジュミアとの避けられない競争を意味します。

最後に、Operaの中国支援のアフリカの動きは、中国のアフリカへの関与について議論するための新しい要素を追加します。

過去数年間、同国とアフリカの新興企業との相互作用は、インフラストラクチャーと商品に関する取引と比較して比較的軽かった。

アフリカのモバイル消費者プラットフォームに多額の投資をしている中国の俳優は、大陸の新しいデータプライバシーとセキュリティの問題に目を向けています。

とあります。

日本企業の中でも投資にアクティブな、先見の明がある孫正義率いるソフトバンクグループも投資をしてきています。

何せOperaのウェブブラウザは、過去4年間、Chromeに次ぐアフリカでの使用で第2位にランクされているくらいですから、ポテンシャルは相当高め。

ただ惜しくらむは、このような将来性が高く、先見の明が必要そうなマーケットへの投資にはチャイナマネーが必ず入っていること。

金余りなのか、中国国内に資金を置いておきたくない事情があるからなのか、金に貪欲で攻めの意識が強いのかはわかりませんが、とにかく積極的にリスクを取りに来ます。

日本ではともすると、リスクをデンジャーと訳しているの?って思えるくらい、リスクを避ける傾向にある人が多い印象。

しかし、リスクを取ることはチャンスを掴むことと同義のため、リスクを取らないことは、チャンスも取らないことに繋がります。

アフリカ投資に対してジャパンマネーの席巻を期待したいところですが、今のところ、まだまだチャイナマネーが席巻中ですね。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s