南アフリカ航空が破産の危機

PVアクセスランキング にほんブログ村

南アフリカ航空が破産の危機。

南アフリカ航空、破綻の危機に

以下、記事抜粋。

経営難に陥っている南アフリカ航空(SAA)が、破綻の危機にひんしている。

先に実施された主要労働組合によるストライキで財務状況が急激に悪化したためで、11月は従業員に給与の半分しか支払えず、事業継続に向けた資金調達も難航している。

ゴーダン公共企業相の話を元に、フィナンシャル・タイムズなどが11月27日伝えた。

公共企業省は事業を存続させるためSAAと協議中で、さらなる支援に必要な緊急対応策を提示するよう求めている。

関係者によると、同社は向こう数日以内に20億ランド(1億3,500万ドル)の運転資金を確保できなければ、破綻申請を行わざるを得ない可能性もある。SAAと財務省は報道に関して、コメントを控えている。

とあります。

南アフリカ共和国と言えば、長らくアフリカを牽引してきた、アフリカ最大の経済大国でした。

アフリカ大陸で初のサッカーのワールドカップも開催し、今年日本で開催されたラグビーのワールドカップでは優勝を果たすなど、スポーツにおいても先進的な国です。

そんな南アフリカは、アフリカ大陸にあるのでアフリカの国に間違いはないのですが、内情は白人国家。

アパルトヘイトは1994年に完全撤廃されたものの、その名残は消えていないと言います。

ヨーロッパがそうであるように、一時代の隆盛を極めた白人国家は、その輝きを失いつつあり、南アフリカもそれに追随するかのように、2012年にGDPでナイジェリアに追い抜かれてから、大きく水を開けられ始め、過去の輝きを失いつつあります。

そんなでの南アフリカ航空の破産危機のニュース。

破産を回避できるなか、はたまたどこかの国の航空会社に買収されるのか、その国はアフリカ系の国なのか。

日本の場合、日本航空(JAL)の倒産の際には、日本政府が支援を行い、経営のカリスマである稲森氏が率いたことで再上場を果たすまでにV字回復しました。

南アフリカ航空の行く末はどうなることやら。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s