南アフリカ航空、事実上の破産

PVアクセスランキング にほんブログ村

南アフリカ航空が民事再生手続きへ。再建を目指す。
https://uk.reuters.com/article/uk-safrica-saa/south-africa-makes-last-ditch-move-to-save-state-airline-idUKKBN1Y90V3

記事によると、

南アフリカ政府は、現金不足のビジネスを崩壊から救う最後の試みとして、国内航空会社の支配権をリストラ専門家に譲ります。

木曜日に開始された救助計画の一部として、政府は政治家が押し通すのが困難なような痛みを伴うカットを行うために、南アフリカ航空(SAA)の経営をビジネスのリストラ専門家のレ・マツソンに手渡します。

SAAは政府と銀行から40億ランド(212.00百万ポンド)のライフラインを提供して救助計画を開始しましたが、その現金はあと数か月しか続かないとアナリストは言います。

航空会社は、先月の不自由なストライキが時間通りに給料を支払うのに十分なお金をそれから残さなかったので、崩壊の危機に瀕しています。

その後、2つの主要な旅行保険会社が、会社が破産するリスクからチケットの補償を停止しました。

SAAの従業員数は約5,000人ですが、メンテナンスおよびケータリングユニットを含むより広いSAAグループの従業員数は約10,000人です。

2011年以来利益をあげておらず、過去3年間で200億ランド以上の政府救済を受けた航空会社は、すぐに新しい暫定飛行スケジュールを公表すると述べました。

ヨハネスブルグのORタンボ空港の空港スタッフは、これまでSAAの時刻表に大きな混乱はなかったと述べましたが、多くの旅行者はその見通しについて悲観的でした。

「SAAはすでに運命にあると思います。私たちは自分のお金を払うべきではありません。そのお金はどこか他の場所から来るはずです」と、ジンバブエに旅行しているアリシア・クノーツェ(34)は言いました。

他の人は、国営航空会社を持つことが誇りのポイントだと言いました。

公営企業のプラビン・ゴーダン大臣は、ビジネス救助プロセスがSAAをより強力な組織に再構築する最良の方法であると述べました。

彼は、計画は後に株式パートナーを誘致することであると述べた。

アフリカ民族会議の支配政党の重要な同盟国である共産党は、この決定に失望し、「国家主導の転換プロセス」を望んでいると述べた。

労働組合はまた、経済における国家の役割を弱める可能性のある動きを深く疑っていると、コメントする前にメンバーに相談していると述べました。

木曜日の計画では、航空会社の将来を決定するのは、SAAの株主としての政府ではなく、ビジネス救助者のMatusonです。

SAA取締役会メンバーのマーティン・キングストンは、ストライキに関連する「自信の大規模な浸食」の後、水曜日に取締役会が航空会社をビジネス救助プロセスに入れることを決定する前に、閉鎖から数日離れていたと語りました。

再編の専門家は、航空会社をソルベンシーに戻すか、債権者の価値を最大化することを目指します。

暫定最高財務責任者のDeon Fredericksは、ニュース放送会社eNCAとのテレビインタビューで、Matusonとの最初の議論で、SAAが重要な債権者に対して行う最初の支払いのレビューを既に行っていると述べました。

「25日以内に完全な計画案ができ、債権者と議論が行われるという見解がある」とフレデリックスは述べた。

Matusonは、この分野で35年近くの経験があり、同社のWebサイトによると、南アフリカ最大の企業再編のいくつかに取り組んでいます。

銀行は、プロセスを開始するために政府が保証した20億ランドのSAAを融資することを約束し、政府はさらに20億ランドをゴルダンが「財政的に中立な方法」と呼んでいます。

主に地方銀行が保有するSAAの政府保証債務は、ビジネス救助プロセスの評価減の対象にはなりませんが、アナリストは他の債権者が損失を被ることを期待しています。

SAAは、プロセスが正常に動作し続けるために、選択された活動の最良の見通しを提供するよう努めたと述べました。

SA Flyer誌の編集者であるGuy Leitch氏は、ビジネスの救助は遅すぎるために失敗することが多いと述べました。

彼は、救助にはおそらく40億ランド以上が必要であり、その結果については発言権が限定的だったため、懐疑的な当局者が資金を提供し続けると付け加えました。

BDO Business RestructuringのHans Klopper氏は、救助プロセスには数年ではないとしても数ヶ月かかる可能性があり、SAAの比較的少量の資産を回収できると述べました。

「フライトを予約する用意のある後援者がいなければ、ビジネス全体から底が落ちます」とクロッパーは言いました。

とあります。

先週に、南アフリカ航空が破産の危機という話題を取り上げましたが、民事再生手続きに進んだことで、事実上の破産となってしまいました。

記事の中に、南アフリカ航空は2011年から利益をあげていない赤字体制だということで、これは2012年に南アフリカがGDPでナイジェリアに抜かれた時期と重なりますね。

南アフリカはアフリカであってアフリカではない白人国家でもありますが、アフリカの中で一時代が終わった感じがします。

アフリカ人の手によって、アフリカが勃興している時代に差し掛かっています。

これから益々アフリカは変化していきそうですね。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s