ナイジェリアも顔認証Payへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ナイジェリア大手銀行Access Bankが、顔認証システムにより決済が可能となるFacePayを導入へ。
http://venturesafrica.com/access-bank-to-launch-a-facial-recognition-payment-system/

記事によると、

ナイジェリアを代表する金融機関の1つであるAccess Bankは、顔認証と人工知能を活用して安全でシームレスかつ便利な支払い方法を提供するFacePayというタグの新しいテクノロジー支払いソリューションを発表する予定です。

顔認識支払いシステムにより、プラットフォームはユーザーがパスワードを入力せずにユーザーを識別および検証できます。

認識システムは、顧客の固有の顔の大きさをBVN画像と照合して、顧客を認証します。

支払い取引を行うための顔認証ソリューションを具体化する新しいFacePayプラットフォームを使用すると、現金、カード、または携帯電話に代わるものであるため、特に消費者にとってより迅速で便利な取引を実行できます。

また、新しいフェイシャルプラットフォームにより、加盟店での支払いがより便利になり、アクセスバンクの支店でより迅速に(引き出しおよび転送)できます。

マーチャント支払いの場合、FacePayは、マーチャントのアカウントにその資金を即座に決済することで、マーチャントが支払いを行う顧客から資金を受け取ることができるようにします。

アクセスブランチの場合、FacePayはブランチe.t.cでの内部振替、相互振替、現金引き出しをカバーしています。

上記の利点に加えて、顔認識システムは、インターネットバンキングやモバイルアプリケーションの複雑さに対処できない社会の高齢者や教育を受けていない個人がトランザクションを簡単に実行できるようにします。

Nairametricsによると、中国の3つの決済大手(UnionPay、WeChat、およびAlipay)は、3年の間に顔認識決済システムを開始しました。

中国では、この支払いシステムが横行しており、中国の100以上の都市で300を超えるKFCが2018年の時点で顧客にレジでの顔の支払いを磨くように紹介しています。

モバイル決済がすでに世界で最も進んでいる中国のような国では、顧客は自分の顔の画像をリンクした後、カメラを装備したPOSマシンの前でポーズを取るだけで購入できます。

デジタル決済システムまたは銀行口座へ。

Wedomeベーカリーの最高情報責任者であるBo Hu氏はTheGuardianに、「携帯電話を持って行く必要さえありません。外出して買い物をすることができます。」

ナイジェリアおよびアフリカ全体に顔認証支払いシステムが導入されたことにより、アクセスバンクは、他の金融機関やセクターが商品の支払いにシームレスでストレスのないアプローチを提供する顔認証の急速に拡大する技術に参入する道を先導しています。

とあります。

ホントに何も持たずに買い物ができるんですね。
これがアフリカで実現すると、犯罪率も減りそうでいいですね。

しかしやはり、このような分野は中国なんですね。

日本も顔認証については、空港のイミグレーションで採用していたりと、日本の技術力も高いのですが、決済系となると、資金力と札束外交の賜物の中国が強いですね。
特にアフリカ諸国においては。

顔認証システムは便利ですが、データ収集や監視社会にもつながりますので、中国発はこわいですが、今後さらに広がりそうです。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s