南アフリカは部品組合の連携で人工呼吸器の生産へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

住友ゴム工業を含む南アフリカの自動車部品組合が人工呼吸器を生産へ。
https://www.engineeringnews.co.za/article/local-ventilator-production-could-happen-within-a-month-says-naacam-2020-04-03

記事によると、

Covid-19のパンデミックにより、世界中の病院で人工呼吸器が不足しています。

Covid-19は呼吸器疾患であり、重症例では人工呼吸器が必要です。

人工呼吸器のリバースエンジニアリングの大部分は完了しており、プロトタイプの生産が間近に迫っていると、National Association of Automotive Component and Allied Manufacturers(Naacam)のエグゼクティブディレクター、Renai Moothilalは述べています。

「計画通りに進んだ場合、1か月以内に本格的な量産が可能になります。」

南アフリカと世界の他の地域での自動車の組み立てと部品の生産は、需要を減らしたCovid-19の結果としてすべて停止しています。

Moolon氏は、既存の設計としてPenlon Nuffield 200に基づいて人工呼吸器をリバースエンジニアリング、プロトタイプ、および製造するためのローカルプロジェクトに関与する製造会社がいくつかあると説明しています。

「このプロジェクトは、自動車部品セクターで活動するNaacamメンバー企業であるRand York CastingsのJustin Corbettが推進してきました」とMoothilalは言います。

「このプロジェクトに関与している自動車会社の他の例には、ロバートボッシュ、MCRマニュファクチャリング、住友ゴム、ケープウェルなどがあります。

実際、現在このイニシアチブの一部であるか、サポートに関心を示しているNaacamメンバー企業は20社以上あります。」

この構想は民間部門のイニシアチブとして始まりましたが、その後、政府や関係機関(工業開発公社や科学産業研究評議会など)が参加しました。

「これはボトルネックを解消するという点で役立ちます」とMoothilalは言います。

「また、このような緊急生産に必要な技術仕様を完成させるための全国的なワークグループもあります。」

今のところ、チームは独自のコストとイニシアチブで運営してきました、とMoothilalは付け加えます。

「このようなことは、利益を上げる機会と見なすべきではありません。私たちの国と近隣諸国の危機が深まるにつれて、それは実用的な医療ソリューションを活用することでなければなりません。」

自動車の観点から見ると、プロジェクトチームがベンチレーターの生産を支援するために活用しているスキルには、金属の製造、プラスチック成形、精密工学などがあります、とMoothilalは指摘します。

3次元スキャンと印刷もプロトタイピングプロセスで広く利用されています。

「私たちが人工呼吸器として知っているのは、多くのサブコンポーネントのアセンブリです。

どの企業も人工呼吸器の製造を「日中の仕事」として行っていないため、モジュール製造プロセスが利用され、いくつかの企業がコンポーネントを製造し、サブアセンブリを実施します。

最終的な人工呼吸器を中央の場所で組み立てました」とMoothilalは説明します。

「また、このプロジェクトでは、パイプ、継手、「医療用空気」など、人工呼吸器を効果的に使用するための付属品の調達方法も検討しています。」

ペンロンナフィールド200を生産するこのプロジェクトは、技術的に複雑でもなく、ハイテク電子機器に依存していなくても、目的に応じて機能する人工呼吸器モデルを複製する目的で始まりました、とMoothilalは言います。

これにより、外国のコンポーネントやサプライチェーンへの依存が緩和される一方で、現在の需要に応じて外国為替リスクと輸入プレミアムが緩和されると考えられていました。

また、生産コストを抑えて、リバースエンジニアリングや生産計画の策定も容易になります。

ペンロンナフィールド200は操作も非常に簡単で、熟練した医療従事者の確保が制約となる場合、これは重要であるとMoothilalは述べています。

Penlon Nuffield 200は、英国でのCovid-19の使用が承認されています。

同様に重要なことは、Penlon Nuffield 200の特許の有効期限が切れたことで、Moothilalが強調されています。

「また、既存の設計を複製することで、規制やその他の標準的な承認を簡単に通過できるようになります。」

このユニットを生産するための原価計算の目標は、ユニットあたり約R50 000であるとMoothilalは言います。

Nuffieldユニットの現在の価格はR300 000以上です。

人工呼吸器の可用性

「南アフリカの民間医療部門には約4,000の人工呼吸器があり、公衆衛生部門には約2,000の人工呼吸器があることを私たちは知っています」とMoothilalは言います。

「しかし、これらの多くはすでに使用されているため、Covid-19患者のみが利用できるわけではないことに注意する必要があります。」

Moothilalによると、現在の推定では南アフリカの感染率が中程度であるため、50名の患者に対して1対50から1基の人工呼吸器が不足することになります。

最悪のシナリオでは、これは1:200に増える可能性があります。

Moothilal氏は、南アフリカで人工呼吸器を製造するためのいくつかのプロジェクトが進行中であると指摘しています。

「これは国として、現在南アフリカで所有されている医療用人工呼吸器の生産者が認められていないことを考えると、可能な限り多くの実行可能な解決策が必要であることで重要です。

「Naacamの観点から見ると、メンバーはあらゆる生産プロセスをサポートする用意があります。

とあります。

不足しているなら作る。
一社で作れないのなら協力して作る。

まるで日本の町工場のような、地域で連携して困難を乗り切るんだというスピリッツを感じます。

この緊急事態時の生産については利益を上げる機会とはせず、とにかく人命第一で進めることを目的としている様子。

日本の転売ヤーの民度が恥ずかしくなってきました(笑)

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s