ナイジェリアの優良企業ジュミアもコロナ禍での新サービス開始

PVアクセスランキング にほんブログ村

eコマースJumia Nigeriaが米P&Gおよび英Reckitt Benckiserとの提携を発表。必需品をナイジェリア全土でeコマースで届ける。

Jumia partners P&G to provide easy access to hygiene products in Nigeria

記事によると、

人気のeコマース企業であるジュミアナイジェリアは、世界最大の消費財メーカーの1つであるプロクター&ギャンブル(P&G)と提携して、ナイジェリア人がCOVID-19を封鎖している間、必須の衛生製品をプラットフォーム上で利用できるようにしました。

パートナーシップにより、Jumiaプラットフォームの顧客は、さまざまなP&G製品から注文し、非接触型配送サービスを介して玄関先で配達することができます。

パートナーシップを発表した、Jumia NigeriaのCEOであるMassimiliano Spalazzi氏は、両社は、国によるCOVID-19の蔓延を抑制するために政府が課した運動制限の不快な影響を和らげる方法を模索していると述べました。

「この困難な時期に、お客様が重要な衛生製品や衛生製品にアクセスできるようにする取り組みの一環として、Procter&Gambleと提携できることを誇りに思います。

このパートナーシップは、「Stay Safe」キャンペーンに沿ったものです。

顧客が自宅に留まり、電子商取引を使用して買い物をし、ロックダウン中も安全を保つことができるように、私たちは業務を継続するよう努めています」と彼は言いました。

(中略)

COVID-19パンデミックの発生以来、Jumiaはナイジェリア人が毎日の維持に必要な必需品にアクセスするためのオンラインチャネルとなっています。

同社は最近、ロックダウン中に顧客が手頃な価格で衛生製品にアクセスできるようにするレキットベンキザーとのパートナーシップを発表しました。

Jumiaはまた、プラットフォーム上にプリペイドパッケージの非接触型配信を実装しました。

これにより、消費者はオンラインで商品の前払いを行い、直接の身体接触や配達業者との現金交換なしで商品を配達することができます。

とあります。

ナイジェリアも進んでいますねー。
さすがのジュミアと言った感じです。

日本でも西友やイトーヨーカドー、イオンやAmazonなどがネットスーパーをやっていますが、主観ですが、まだあまり浸透していないような。

私が住んでいるエリアでは、特に午前中の時間帯のスーパーは、高齢者の買い物客であふれており、動きが遅い(失礼!)のでガッツリ三密を作っています。

そんな感じもあって、ネットスーパーを活用したいのですが、品揃えがイマイチだったりするので結局買い物に行ってしまいます。

いまの新型コロナの影響で、ネットスーパーの需要は高まっていると思うのですが、なんとなくの勝手な想像で、手間がかかってクレームの元にもなってしまいそうなネットスーパーは、供給側があまり力を入れていないのかな?

メディアなんかもこのタイミングでネットスーパーを取り上げ、各社の競争を促してくれんかな。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s