ADAからアフリカ共通通貨が実装される日が来るかも?

PVアクセスランキング にほんブログ村

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

カルダノエイダが将来的なアフリカ通貨となることを狙っているようです。

以下、記事を一部抜粋。

ホスキンソン氏はカルダノプロジェクトが「発展途上国の人々を貧困から救うための新しい金融システムを構築すること」に焦点を当てていることを語っており、銀行口座を持たない人が非常に多く存在していることで知られるアフリカ地域をターゲットにしていると述べています。

ホスキンソン氏はアフリカの将来について『欧州連合でユーロが使用されているように、今後30年以内には”汎用的なアフリカ通貨”が誕生するだろう』との予想を語り、その通貨が”仮想通貨”になる可能性があると付け加えました。

カルダノのプロジェクトチームは以前からアフリカ大陸に焦点を当てて様々なプロジェクトに取り組んでいますが、ホスキンソン氏はこの”汎用的なアフリカ通貨”について、カルダノチームが早い時期に参入できれば汎用的なアフリカ通貨が”カルダノエコシステム上”で構築される可能性があるとも語っています。

とあります。

アフリカ通貨と言えば、主に西アフリカ地域の旧フランス植民地だった国々(西アフリカ経済通貨同盟(UEMOA)の加盟国である、コートジボワール、ギニアビサウ、セネガル、トーゴ、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、マリの8カ国)が使っている(使わさせられている)忌々しいCFAフランが有名です。

CFAフランは表向きは、ユーロとの交換レートが固定されているので、使用国の経済不安が起きても通貨としては安定するので、使用国の金融不安が起こりにくい良い制度だとされています。

しかし実際は、書き始めたらキリがないので一言で書きますが、いわゆる植民地税徴収のための共通通貨です。

フランスが旧フランス植民地からお金を強奪するための通貨で、その額は年間日本円換算で50兆円以上と言われています。

これは、日本の年間の税収に匹敵します。

日本人が毎年必死こいて働いて納めている税収分を、フランスは毎年西アフリカの旧フランス植民地から強奪しています。

日本もODAで西アフリカ地域の旧フランス植民地に資金供与したりしていますが、結果的にフランスにお金が渡っているので、なんだかバカバカしい限りです。

その忌々しいCFAフランですが、さすがに先進各国からも非公式に『さすがに酷くね?』みたいな声も挙がっているようで、CFAフランの代わりにECOという共通通貨が誕生することになりました。

表向きは、CFAフランに実装されていた植民地税徴収システムはなくなったかのような誤認をさせる表現で発表されていますが、フランスなので額面通りに受け取らないほうがいいでしょう。

西アフリカ地域の旧フランス植民地で、長年CFAフランを使わさせられいた国からすると、真の独立みたいな感じで盛り上がっており、CFAフランからECOにスライドするだけなので大きな問題はなし。

ECOはフランスの関与が薄まる通貨でもあるので、それならばと、西アフリカ地域全体で使い、経済の動きをやりやすくしようという流れになりました。

※参考記事
西アフリカ15か国、2020年に単一通貨「ECO」導入へ(2019年6月30日)
https://www.afpbb.com/articles/-/3232875?act=all

しかし目標であった、2020年という今年に入り、その動きは一旦見送られます。

※参考記事
ナイジェリアなど6カ国、共通通貨ECO導入を見送り(2020年01月24日)
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/01/9713985640c89bc9.html

理由は上記記事には記載されていませんが、ECO導入に関して、レギュレーションがCFAフランを使っていなかった国々からすると厳しめなのと、ナイジェリアやガーナからしてみれば、経済力が劣る国々に合わせるメリットは何?みたいな感じが想像できます。

つまり、共通通貨については、各国の思惑がガチンコでぶつかりまくるので、リアルマネーの世界では簡単には進みません。

カルダノエイダが具体的にどのように進めるのかはわかりませんが、カルダノエイダの技術の優位性により、リアルマネーの主軸といった概念ではなく、リアルマネーと連動する形で徐々に浸透していき、気がついたら主軸になっていたなんてことが起きる可能性は十分にありそうです。

日本ではまだまだ現金主義者が多いように感じ、アフリカでもまだ多いのですが、アフリカでは日本に比べて現金を持ち歩くリスクは高いです。

銀行口座を持つ層の率も全然違いますので、モバイルマネーや暗号資産がリアルに使えるものとして広まる可能性は、日本よりもあるかも知れません。

うーん、ADAをいくらか買っておこうかな(笑)

🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s