私もお世話になったShopriteですが、、、

PVアクセスランキング にほんブログ村

アフリカ最大のスーパーマーケットチェーン南アShopriteがナイジェリアから撤退へ。ケニアでも今年2店舗目を閉店し、本拠地南アフリカ以外の不採算国を整理へ。
https://www.businessdailyafrica.com/corporate/companies/Shoprite-lays-off-115-shuts-second-Kenya-store-since-April/4003102-5604016-iu089nz/index.html

記事によると、

アフリカ最大のスーパーマーケットチェーンであるShoprite Holdingsは、115人の労働者を解雇し、5か月以内にケニアの第2支店を閉鎖します。

2018年にケニアに最初の店舗をオープンしたShopriteは、労働者組合にNyali、モンバサのCity Mall支部の閉鎖、および人員削減について知らせました。

「Nyali支店で取引を続ける努力は、もはや現実的ではありません。 Shopriteは、ケニアの商業食料連合国労働組合(KUCFW)への通知で、財務およびその他のデータが提供され、会議で提案されます。

解雇のために予定されている終了日は2020年8月31日になると考えられます。現在115名が支部で雇用されており、92名がKUCFWのメンバーです。」

南アフリカ以外の国で撤退している小売業者は、4月にナイロビのカレン支店を閉鎖し、104人の雇用を減らし、ウォーターフロントモールの億万長者の所有者との裁判所の戦いを引き起こします。

店舗の閉鎖は、ケニアでのShopriteの拡張計画に影響を与えます。
そこでは、2つの支店が残っており、ナイロビで6つを含む7つの店舗を開くことを目標としていました。

その支店数の減少は、Tuskysのような地元の小売業者が売上の減少と借金の増加に苦しんでいるセクターで、NaivasやCarrefourなどの現金が豊富な小売業者との競争が激化する中です。

Shopriteは、ケニアにショップを設置する際、ケニアの小売部門の混乱を利用していると述べました。

ケニアの3大小売業者であるUchumiとNakumattの2つが問題を抱え、前者は閉店しました。

「現在、ケニアの小売は完全に混乱しています…合意されたレンタル以外の費用を支払うことなく、7つの施設に入ることができるようになりました」とShopriteは、ケニアへの参入に先立って述べました。

ウォーターフロントモールを所有する億万長者のムグク家は、ショップライトを訴え、小売チェーンがモールでのテナントを減らした後、失われた家賃で5億2,000万Shを求めています。

Shopriteは、小売業の大物企業Christo Wieseが17%所有しており、1979年の8つのスーパーマーケットから、ウガンダの2つの店舗を含むアフリカの15か国で営業する大規模な食料品店まで成長しました。

Shoprite Holdingsは月曜日、同社のナイジェリア子会社の持分のすべてを削減または売却することを検討していると述べました。

同社は、アンゴラ、ナイジェリア、ザンビアの通貨切り下げ、供給の問題、および低い消費者支出が収益を圧迫しているため、アフリカでの長期的なオプションを検討しています。

Shopriteはアフリカ全土に2,800以上の販売店を所有しており、取引モデルの更新で、その運用モデルを見直し、さまざまな投資家からアプローチを受けた後、売却を追求していると語りました。

2月に、Pieter Engelbrecht最高経営責任者はアナリストに、Shopriteは大陸への関与を続けたが、いかなる犠牲も払わないと語りました。

とあります。

Shopriteはガーナにもあり、特に大型ショッピングモールによく入っていましたので、個人的には高級スーパーマーケットのイメージがあります。

初めて訪れた時には、近代的で清潔感のある店内や、品揃えとプライスも日本とあまり変わらない感じでしたので、これならガーナでも生活できそうだと感じたものです。

新たにショッピングモールができる度にShopriteも続々出店しており、イケイケ感満載でしたが、もうイケイケではないのかな。

アフリカ最大の経済大国であるナイジェリアからは全て撤退とするあたりは、単純に不採算店舗の閉店というより、商慣習の違いを捉えきれずに不採算店舗となった感じでしょうかね。

日本でも20年前くらいだったかな?フランス最大のスーパーマーケットチェーンのカルフールが鳴り物入りで進出してきたことがあります。

その進出当初は、フランスカルフール流のマルシェ(市場)的雰囲気の売り方が、日本でも合うのか?通用するのか?という意見もありながら、日本から見るとある種の非日常感がウケて、一大ブームになりました。

しかしそのブームは長続きせず、日本には日常的に定着しなかったことから、数年後、カルフールは日本市場から完全撤退しました。

アフリカは日本から見ると一括りにされがちですが、アジアの国が全てアジアということだけで一言では語れないように、アフリカも多種多様です。

Shopriteもイケイケドンドンで多店舗展開を図ってきたものの、画一的なチェーン展開では捉えきれなかった商慣習の違いがあったのかも知れませんね。

なんか久々にShopriteに行きたくなってきたなー。

🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s