アフリカも通信事業者の競争過多になってきたのか

PVアクセスランキング にほんブログ村

インド大手通信会社Bharti Airtel傘下のAirtel Africaが債務削減のため通信塔売却を計画。
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-11-06/airtel-africa-plans-tower-sales-to-reduce-3-5-billion-debt

記事によると、

Airtel Africa Plcは、タンザニアとマダガスカルを含む5か国で約4,500の通信塔を販売し、35億ドルの債務を削減し、迫り来る債券返済に備えることを計画しています。

加入者によるアフリカで2番目に大きい通信事業者は、ガボン、マラウイ、チャドでもセルラーマストを処分していると、最高経営責任者のラグナートマンダバはインタビューで述べています。

「私たちは常に借金を減らすことを目指しており、タワー取引でさらに早く借金を減らすことを望んでいます」と彼は言いました。

年次報告書によると、エアテルは5月に7億5000万ユーロ(8億9000万ドル)の返済を予定しており、2023年3月には5億500万ドルの分割払いを予定しています。

昨年インドのBhartiAirtel Ltd.からスピンオフし、ロンドンとナイジェリアに上場した同社は、新規株式公開の収益を使用して、借入金を約77億ドルから35億ドルに削減したとCEOは語りました。

未払いの残高には、依然として最大の株主であるBhartiAirtelとのクロスデフォルト条項がある18億ドルの債券が含まれています。

2019年6月のIPO以降、株価は18%減少し、同社の評価額は24億ポンド(31億ドル)に上ります。

ファイバーネットワーク

大陸の多くの無線通信事業者は、同様のタワー資産を専門のオペレーターに販売しており、メンテナンスコストを節約し、セキュリティ上の懸念を緩和し、電力および道路インフラストラクチャの不足を回避することを選択しています。

一方、アフリカでは、数百万人がスマートフォンを採用し、より高速なブロードバンドが必要になるため、マストを追加する必要性が高まっています。

エアテルアフリカはバイヤーからタワーをリースバックする予定だとマンダバ氏は語りました。

エアテルアフリカの14の市場の多くは互いに国境を接しており、Covid-19パンデミックの最中でもファイバーの展開が容易になるとCEOは述べています。

同社は今年、9,000キロメートル(5,592マイル)のケーブルを追加し、合計で47,000キロメートルになりました。

「私たちの焦点は、私たちがいる国で成長することです」と彼は言いました。

とあります。

アフリカも通信事業者の再編が始まっているタイミングに差し掛かってきたようです。

これは特に都市部において、満遍なくスマホや携帯電話が人々の手に行き渡ったということを意味するのだと思います。

エアテルは、MTNやボーダフォンと並んで、アフリカでのシェアが高い通信事業者ですが、ガーナではその事業を政府に売却するなど苦戦を強いられている模様。

おそらくその間隙を縫って中国の通信事業者が参入してくると思われ、アフリカ諸国が中国に通信インフラを支配されてしまうという構図に繋がることも予想されます。

事実アジア圏では、フィリピンに中国の格安SIMが広まり始めており、アフリカも予断を許しません。

🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s