ガーナで携帯使用料連動型の保険商品が始まる

PVアクセスランキング にほんブログ村

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

英Vodafone Groupがガーナで英MicroEnsure、米プルデンシャル生命保険などと提携して、月額8.5円からの携帯保険を加入者向けに提供へ。支払い通話料に応じて保険料を設定。
https://www.graphic.com.gh/business/business-news/enterprise-life-vodafone-microensure-and-prudential-life-unveil-all-inclusive-insurance-product-for-customers.html

記事によると、

生命保険の引受会社であるEnterpriseLifeは、Vodafone Ghana、MicroEnsure、Prudential Lifeと提携して、SafeNetと呼ばれる包括的なモバイル保険商品を顧客向けに発売しました。

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

SafeNetは、Enterprise Life Insurance CompanyLimitedとPrudentialLife Insurance GhanaLimitedが引き受けています。

この製品は、病院の現金補償、事故による怪我、障害補償、生命保険など、さまざまな保険給付を顧客に提供するように設計されています。

顧客はこれらの利点を享受するためにわずかGHs0.50を支払うでしょう。

COVID -19パンデミックが顧客に与える経済的影響を軽減するというコミットメントに沿って、Vodafone GhanaはSafeNetを通じて、加入者に今後6か月間無料の保険を提供しています。

ただし、前月の累積通話料等が5GH以上のお客様はこのサービスをご利用いただけます。

より多くの利用をした顧客は、より多くの補償を享受し、最終的には無料でより多くの請求を享受できます。

より多くの保険プランにアクセスして自分自身とその家族を確保したい顧客は、非常に競争力のある保険料でより高い請求を享受できます。

パートナーシップについて、エンタープライズライフのオペレーションゼネラルマネージャーであるSolace Odamtten-Sowah氏は、これはできるだけ多くのガーナ人の玄関口に生命保険をもたらし、ガーナの生命保険の成長を支援するもう1つの素晴らしい機会であると述べました。

このサービスについて、コンシューマービジネスユニット(CBU)のディレクターであるPushpinder Gujral氏は、次のように述べています。

モバイル保険は、これらのCOVID-19でお客様を保護するために採用したい分野の1つです。

SafeNetを使用すると、顧客は毎月保険を利用するために特定の保険料を支払うことができます。

これは、予期せぬ事態が発生した場合に迅速に跳ね返ることができるシンプルで安全な方法をお客様に提供するために開発されました。

お客様は、ショートコード* 592#をダイヤルして保険にアクセスし、当社独自のサービスを有効にすることができます。」

MicroEnsureGhanaのカントリーマネージャーであるLeonaAbbanは、次のように述べています。

「ガーナの大手保険会社2社であるEnterprise LifeInsuranceとPrudentialLife Insuranceが引き受けているこのユニークな商品について、Vodafoneと提携できることをうれしく思います。

この関係が拡大し、ガーナ人にさらに革新的なイニシアチブを提供できるようになることを願っています。」

Vodafone Ghanaは、この期間にわたって有名な保険会社と提携して、顧客とモバイルマネーエージェント向けに業界初のパッケージを導入してきました。

これは、主要な問題点に対処することでお客様に大きな価値を継続的に提供するという電話会社の取り組みの一環です。

とあります。

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

ガーナではこれまで、生命保険はあまり一般的ではなく、加入者は非常に少ない感じです。

保険と言えば、自動車保険の対人保険が義務付けられているため、その分野の加入率は高いですが、保険全般で見ると加入率はまだまだ低いです。

その中でコロナ禍の影響で保険に対する需要が高まってきているのか、今回のようなサービスの提供につながってきているのでしょう。

ガーナだけに限らず、アフリカ全体で見ても、保険の加入率は低く、モバイルの契約率はかなり高くなっている状況。

日本は日本人特有の守備意識の高さからか、生命保険を始めとした保険商品の加入率は高く、既に頭打ちで過当競争状態。

今回のような携帯の利用量と連動した保険商品の拡充というサービスは、保険加入を促すにはハードルが低くて上手いやり方だと感心し、伸び代がまだまだあるので面白い市場。

日本の保険会社も日本国内の競争で疲弊してしまうよりも、欧米の保険会社のようにアフリカ市場を開拓してもらいたいなと思いますね。

🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s