アフリカでも温室効果ガス削減宣言が増えてきています。(アフリカニュース)

PVアクセスランキング にほんブログ村

アフリカ通信事業最大手のMTNが2040年までに温室効果ガス排出量をゼロにすることを宣言。(アフリカニュース)
https://www.iol.co.za/business-report/companies/mtn-commits-to-zero-greenhouse-gas-emissions-by-2040-1ba864fc-1dd5-4d1b-acd1-d3b80d444f82

記事によると、

アフリカ最大の携帯電話会社であるMTNは、パリ協定の1.5°Cの制限を満たすための世界的な勢いの中で、2040年までに温室効果ガスの純排出量(GHG)をゼロにすることを約束しました。

MTNは昨日、2040年までにスコープ1、2、3の絶対排出量を平均47%削減するという科学に基づく目標を設定したと述べました。

グループ社長兼最高経営責任者のラルフ・ムピタ氏は、MTNはアフリカと中東で、気候変動の影響を緩和するために切望されている行動に有意義に貢献する役割を担っていると述べました。

「だからこそ、2040年末までに正味ゼロ排出量を達成することを約束しているのです」とムピタ氏は述べています。

Mupitaは、MTNは、持続可能性を中核として事業を運営および運営する必要があることを認識していると述べました。

「私たちは、気候変動の影響を緩和する役割を担うことを含め、社会のニーズと課題に取り組み続けなければなりません」とムピタ氏は述べています。

MTNは、エネルギー効率の向上、低炭素排出、リスク削減、コスト管理を通じてビジネスの持続可能性を実現するために、プロジェクトゼロプログラムを開始したと述べました。

MTNグループのチーフテクノロジーおよび情報システムオフィサーであるチャールズモラピシ氏は、このプログラムは再生可能ソリューション、効率的な新技術、エネルギー貯蔵を優先すると述べました。

「ICT企業と携帯電話会社は、世界的な脱炭素化の取り組みに大きく貢献する可能性があると信じています。

プロジェクトゼロが本格化し、エネルギー効率と炭素排出の持続可能性を積極的に推進していることを嬉しく思います」とモラピシ氏は述べています。

MTNは、GHG排出削減目標の設定は、気候変動の脅威に対する世界的な対応を強化するというパリ協定の中心的な目的を支持していると述べました。

この目標は、Global Enableing Sustainability Initiative、GSM Association(GSMA)、International Telecommunication Union、Science Based TargetsInitiativeのコラボレーションを通じて最近開発されたICTセクターの目標設定アプローチに沿ったものでした。

GSMAは、気候変動の現実とパリ協定によって設定された排出制限に関する科学的立場を支持しています。

これは、地球温暖化を産業革命以前のレベルと比較して2°Cをはるかに下回る、できれば1.5°Cに制限することを目的としています。

MTNは、GSMAのClimate Action Taskforceのメンバーであり、モバイル業界全体の計画を推進して、競争をネットゼロに戻しています。

「目的は、誰も取り残さない、回復力のあるゼロカーボンの未来を確保することです」とMTNは述べています。

昨年8月、National BusinessInitiativeはJustTransition PathwaysProjectを立ち上げました。

カーボンニュートラル、または2°Cの緩和パスを実装するという南アフリカの事例は困難であることがわかりました。

国は深刻な債務、失業、低成長を伴う不況でCovid-19危機に突入したと述べました。

短期的な回復の焦点は確かに命を救うことにありますが、中長期的な必要性は生計と経済の両方を救うことです。

とあります。

温室効果ガス削減が、地球の温暖化を本当に防ぐのか、はたまたそもそも温暖化は地球のライフサイクルの一環に過ぎないのかは置いといて笑、

地球温暖化対策やSDGs的な動きは、既に斜陽であるヨーロッパにとっては大切なビジネスです。

どんな形のものであれルールを作り、そのルールから生み出す制限からビジネスを創出するというのが彼らの一つの得意技であり、腐っても鯛でまだ力を持っています。

ですので、それに沿った流れでの取り組みを標榜しないと村八分的な扱いにされてしまうので、各国や各企業は同じように推進します。

この流れはまだしばらくは止められないと思い、賢く立ち回ったほうがいいと思いますので、温室効果ガス削減やSDGs的な動きには要注目です。

個人としてどのように恩恵を受けるのかというと、一つは株式投資などでしょうか。

温室効果ガス削減や再生可能エネルギーの推進を図る企業へは、国がその企業への優遇措置を出してくるでしょうから、将来的な株価に期待が持てるでしょう。

MTNも巨大企業ですから、それを標榜しなければいけませんし、政府からの後押し狙いもあるでしょう。

ただ、MTNのような巨大企業となると、株価の上値は重そうですから、時価総額が低い企業で、環境系の対策を標榜してくる企業を上手く掘り出したいものです。

(アフリカニュース)

🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s