ナイジェリアでユニコーン企業が誕生しています。(アフリカニュース)

PVアクセスランキング にほんブログ村

ナイジェリアのフィンテックスタートアップFlutterwaveがシリーズCで1億7,000万ドルを調達。評価額が10億ドルを超えユニコーン入り。(アフリカニュース)
https://techcrunch.com/2021/03/09/african-payments-company-flutterwave-raises-170m-now-valued-at-over-1b/

記事によると、

投資家がこのセクターに豊富にある機会について強気なままであるため、アフリカ全体でのフィンテックサービスの急増は本格化し続けています。

今日、私たちは別のユニコーンを見ています。アフリカの決済会社Flutterwaveは、1億7000万ドルを閉鎖し、10億ドル以上の会社を評価したと発表しました。

ニューヨークを拠点とする民間投資会社のアベニールグロースキャピタルと米国のヘッジファンドおよび投資会社のタイガーグローバルがシリーズCラウンドを主導しました。

参加した新規および既存の投資家には、DST Global、Early Capital Berrywood、Green Visor Capital、Greycroft Capital、Insight Partners、Salesforce Ventures、Tiger Management、Worldpay FIS、および9yardsCapitalが含まれます。

シリーズCラウンドは、Flutterwaveが2018年に3500万ドルのシリーズBと2000万ドルのシリーズAを閉鎖した1年後に行われます。

合計で、Flutterwaveは2億2500万ドルを調達し、2億ドル以上の資金を確保した数少ないアフリカのスタートアップの1つです。

2016年にナイジェリアと米国を拠点とする決済会社としてラゴスとサンフランシスコにオフィスを構えるFlutterwaveは、APIを通じて企業がカスタマイズ可能な決済アプリケーションを構築するのを支援しています。

同社がシリーズBを調達したとき、Flutterwaveは54億ドル相当の1億700万件のトランザクションを処理したと報告しました。

現在、これらの数は、90億ドルを超える価値のある1億4000万件を超えるトランザクションに増加しています。

アフリカ以外の企業がアフリカ大陸で事業を拡大するのを支援している同社は、Booking.com、Flywire、Uberなどの国際企業の印象的な顧客を抱えています。

Flutterwaveによると、290,000を超える企業がそのプラットフォームを使用して支払いを実行しています。

同社の声明によると、「150の通貨と、国内および国際カード、モバイルウォレット、銀行振込、Flutterwaveによる物々交換を含む複数の支払いモードで」これを行うことができます。

そのウェブサイトはアフリカの11か国で活発な存在感を示していますが、FlutterwaveのCEOであるOlugbenga Agboola(GBとしても知られる)はTechCrunchに、同社はアフリカの20か国に拠点を置き、アフリカ大陸の33か国以上にインフラストラクチャを提供していると語りました。

昨年は5年前の会社にとって極めて重要な年でした。

2回目の投資は、COVID-19のパンデミックがアフリカを襲う直前に行われ、一部の企業に悪影響を及ぼしましたが、Flutterwaveのような決済会社には影響を与えませんでした。

Agboola氏によると、パンデミックの影響で、数値の詳細を明らかにすることなく、過去1年間で会社の収益が100%以上増加したとのことです。

また、2018年から226%の複合年間成長率(CAGR)に貢献しました。

CEOによると、この成長は「COVID受益者セクター」(パンデミックによってプラスの影響を受けたセクターを表すためにFlutterwaveによって使用される用語)での活動の増加に起因しました。

それらには、ストリーミング、ゲーム、送金、eコマースなどが含まれます。

Agboolaは、同社がこれらのセクターの成長に乗り、その軌道を継続することを計画していると付け加えています。

さらに、パンデミックによる封鎖中に商人にFlutterwaveストアを導入した際のFlutterwaveの対応も役に立ちました。

この製品はアフリカの15か国で販売され、20,000を超える加盟店が店頭を作成してオンラインで商品を販売するのに役立ちます。

Flutterwaveはグローバルな決済会社になりたいと考えており、シリーズCへの投資はその目標を達成するのに役立ちます。

同社は、現在の市場での顧客獲得を加速するために資金を使用する予定であると述べています。

また、50万人を超えるユーザーがいるBarterのような既存の製品を改善し、新しい製品を導入します。

その1つがFlutterwaveMobileです。

これは、創設者の言葉を借りれば、「販売者のモバイルデバイスを販売時点管理に変え、支払いを受け入れて販売できるようにする」というものです。

声明の中で、Agboolaは、Flutterwaveの成功のバックボーンを作成したことで、同社の300人を超えるスタッフ、投資家、顧客、およびナイジェリア中央銀行(CBN)などの規制機関の功績を認めています。

ナイジェリアのフィンテックに最近課された不利で疑わしい規制を考えると、CEOが最後の利害関係者に言及したのは奇妙なことです。

ただし、Agboolaはその逆であると考えています。

彼は、現在のCBN総裁の政権下で、中央銀行はFlutterwaveのようなフィンテックの繁栄を可能にする一貫した規制の枠組みを示していると述べて大胆な発言をしています。

「たとえば、Flutterwaveは、知事が入社したばかりのときに立ち上げられました。

私たちはライセンスを取得し、それを可能にした有利な体制のために事業を拡大しました。

BVNやNIPシステムのように、ナイジェリアについてはあまり話さないほど多くの先駆的なイノベーションがあります。

ナイジェリアは10年以上にわたって一貫して決済イノベーションの最前線に立ってきましたが、それはすべて、前向きなCBNポリシーのおかげで可能でした」と彼は述べています。

Flutterwaveとよく比較されるナイジェリアの別の決済会社であるPaystackは、昨年Stripeに2億ドル以上で買収されました。

当時、Flutterwaveが同じルートをたどるという噂もありましたが、このシリーズCのレイズは、同社が現時点で撤退することを望んでいないことを示唆しています。

ただし、YCが支援する企業が実際にそうしている場合は、IPOを介している可能性があります。

「他のすべてのスタートアップと同様に、私たちは投資家のための出口ツールを作成する方法を考えています。

そのため、リストは私たちの計画に非常に含まれていますが、今のところ、私たちはお客様に最高の価値を提供することに重点を置いています」とAgboola氏は述べています。

この時点までの会社の旅の過程で、それはパートナーシップで大きなままでした。

2019年、FlutterwaveはVisaと提携して、アフリカと中国の間でデジタル決済を提供するBarterとAlipayを立ち上げました。

そして昨年、同社はアフリカでの支払いについてワールドペイFISとのパートナーシップを発表しました。

Flutterwaveは大規模な事業所でこれを行ってきましたが、Agboolaは、同社が小規模な企業でも同じことを行うことを検討しており、潜在的な買収への扉を開くと述べています。

「私たちは、規模を拡大するためにパートナーを組む必要があるため、パートナーシップによる支払いを信じています。

したがって、パートナーシップとスケーリングの過程で、同様の精神を持つ有望な企業を特定し、アフリカを国にするというビジョンを念頭に置いている場合、買収はテーブルから外れません」と彼は言いました。

サハラ以南のアフリカの大部分を占領した後、Agboolaは、Flutterwaveの次の計画は北アフリカでのライブ化であると言います。

そこでは、地元のリーダーであるFawryとの競争に直面する可能性がありますが、それは問題ではありません。

アフリカのフィンテック市場は、複数のプレーヤーを収容するのに十分な大きさです。

それが投資家の間でも人気のある賭けである理由の1つです。

国内および海外の投資家の最大の目的地であるこのセクターは、昨年、さまざまな資金源からVC資金全体の25%から31%を集めました。

しかし、彼らのWebサイトの情報から、Flutterwaveの主要な投資家であるAvenir GrowthCapitalとTigerGlobalがアフリカのフィンテックスタートアップを支援するのはこれが初めてです。

前者の場合、Flutterwaveはそのポートフォリオの最初のアフリカのスタートアップを表していますが、TigerGlobalはナイジェリアのメディア会社iROKOtvと南アフリカのeコマース会社Takealotに投資したことで知られています。

パートナーであるAvenirGrowthCapitalのJamieReynoldsとTigerGlobalのScottShleiferを介して、両社は、グローバルで世界クラスの決済会社を構築するという探求においてFlutterwaveを支援していると述べました。

将来を見据えて、Agboolaは、29万人の商人をサポートし、グローバルビジネスの構築を支援することに引き続き注力していると主張しています。

「私たちは、アフリカでより多くのビジネスを世界にもたらし、同時により多くの世界をアフリカにもたらし続けるにつれて、大陸全体で投資を増やし、プラットフォームが生活と生計に与える影響を深めることを楽しみにしています」と彼は言います。

とあります。

ナイジェリアでユニコーン企業が誕生しました。
分野はフィンテック。

ユニコーン企業とは、起業10年以内で未上場ながら10億ドル以上の市場価値のあるベンチャー企業のこと。

現在、アメリカや中国にはこのユニコーン企業がそれぞれ200社以上存在しますが、日本にはたったの7社しかないのが現状です。

そんな中で、ナイジェリアでもユニコーン企業が誕生してきたというのは面白い事実です。

さらに分野はフィンテックで、ナイジェリアを始めとするアフリカでは、金融インフラが整っているとは言えず、フィンテックの広がりはそれを補完するために必然です。

伸び代のあるマーケットで、伸び代のある分野で、アフリカ現地のユニコーン企業が誕生してきたという事実は、日本にとっても重い事実かも知れません。

アフリカには英語圏の国がたくさんあり、ネット環境が整ってきていることから、一時情報に触れて英語での交渉も難なく行うため、今後もこのような事例は増えてきそうです。

いつまでもアフリカを下に見ているうちに、ユニコーン企業数でアフリカが日本を抜いてくる時代が来るかもしれませんね。

アフリカをいつまでもボランティア目線だけで見るのはそろそろやめたほうがいいです。

(アフリカニュース)

🍀🍀🍀🍀🍀

ポチしていただけると喜びます(≧∀≦)

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 西アフリカ情報へ
にほんブログ村

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s