トヨタはアフリカでチャレンジを続けています。(アフリカニュース)

トヨタと南ア石油化学大手Sasolが、グリーン水素を用いた燃料電池大型長距離トラック車走行のテストで協力。(アフリカニュース)

https://www.engineeringnews.co.za/article/no-timeframe-yet-for-the-development-of-green-hydrogen-corridor-toyota-sa-2021-04-19

記事によると、

SasolとTo​​yota South Africa Motors(TSAM)が提案するグリーン水素モビリティ回廊を開発するためのパイロットプロジェクトには、まだ時間やコストの枠組みがありません。

「私たちはこの調査を開始したばかりなので、この時点で時間とコストの情報を入手できない可能性があります。

プロジェクトがさらに進むにつれて、やがて時間枠を伝えることができるようになります。」

TSAMは、Engineering News Onlineからの質問に答えて、最初の焦点は、南アフリカに水素技術を導入する方法を研究することであると述べています。

「南アフリカで利用できる製品については、日本であるトヨタ自動車から主導権を握ります。」

トヨタは昨年、大型トラックに動力を供給する第2世代水素燃料電池システムを開発したと発表しました。

これは、自動車メーカーが新世代の2021年型水素燃料電池電気乗用車で発売した燃料電池システムに基づいています。

現在のテスト体制では、第2世代の燃料電池システムは、積載重量36tのトラックで480kmを超える航続距離を実現します。

SasolとTSAMは先週、グリーン水素モビリティエコシステムの概念実証デモンストレーションの開発を共同で追求するためのパートナーシップの形成を正式に発表しました。

このパートナーシップの一部は、灰色水素の製造、使用、マーケティングにおけるSasolの経験と、南アフリカのグリーン水素経済の確立において主導的な役割を果たすというSasolの願望に基づいています。

灰色の水素は、化石燃料を使用して生成された水素です。

グリーン水素は、再生可能エネルギーを使用して生成された水素です。

両当事者は、モビリティコリドーを開発し、このデモンストレーションを、ダーバンとヨハネスブルグ間のN3ルートなど、南アフリカの主要な貨物コリドーの1つを使用して、水素を動力源とする大型長距離トラック用のパイロットプロジェクトに拡大する予定であると述べました。

このプロセスには、水素燃料補給ステーションの設置の可能性が含まれます。

プロジェクトを可能にするために、当事者はまた、南アフリカへの燃料電池トラックの導入を追求しなければならないでしょう。

現在の研究によると、長距離の移動性は、短距離での動作が優れているバッテリー式電気トラックよりも燃料電池技術に適しています。

唯一の問題は、南アフリカに導入できるトヨタ燃料電池トラックが現在日本でプロトタイプ開発中であるため、利用できないことです。

しかしTSAMは、燃料電池トラックが日本のプリンシパルから入手可能になり次第、南アフリカへの導入の調査を開始したと述べています。

TSAMが燃料電池トラックの導入に関する調査を主導する一方で、Sasolは必要なインフラストラクチャの専門知識を提供することを検討します。

「充電ステーションや燃料自体などの重要なインフラストラクチャへの投資を拡大するのに役立つことを願っているSasolとのパートナーシップに興奮しています」とTSAMの社長兼CEOのAndrewKirbyは述べています。

ただし、TSAM-Sasolプロジェクトでは、水素モビリティのバリューチェーンに沿って他の企業や利害関係者を含めるためにパートナーシップを拡大する必要がある場合があります。

これは、地元の産業が水素燃料補給ステーション、大型トラックのサプライチェーンへの水素の導入、および水素モビリティのバリューチェーンを支える商業的推進力についての貴重な直接の知識を得ることができるようにするためです。

Sasolの社長兼CEOであるFleetwoodGroblerは先週、「グリーン水素の機会を開拓するために、トヨタと同様に、技術開発とブレークスルーを可能にし、活用することを目的として、さまざまなデモンストレーションの機会とパートナーシップを追求しています」と述べています。

「南アフリカのSasolの重点分野の1つは、包括的で持続可能なモビリティソリューションを提供することです。燃料補給と充電のインフラストラクチャを備えた水素と電気自動車は、この持続可能な未来の一部を形成しています。

「水素モビリティは、国が長距離および大型輸送、鉱業などのセクターを脱炭素化し、水素ハブまたはエコシステムの作成を実用的で手頃な方法で拡張するための真の機会であると信じています。

将来的に他のパートナーを含むトヨタとのパートナーシップは、当初はコンセプトの試験運用に焦点を合わせた、水素モビリティのための持続可能なエンドツーエンドのインフラストラクチャを構築することを目的としています。」

カービーはこの感情を反映し、トヨタはこのパートナーシップを構想して、他の人々が水素モビリティのバリューチェーンに参加するための環境を作り、「それによって南アフリカ経済に持続可能な貢献をする」と述べました。

水素ポテンシャル

昨年の新世代ミライの発売時に、トヨタのCTOである前田正彦氏は、販売は自動車会社の当面の焦点では​​ないと述べました。

「代わりに、トヨタは現実に貢献するというより大きな目標を持っています。」

カーボンニュートラルな社会の形成

「トヨタは、できるだけ多くの人が水素を日常生活で使いやすいようにしたいと考えています。

将来のゼロエミッション社会の実現に役立つ水素の可能性は、世界中で急速に成長している関心と投資を生み出しています。」

Groblerは先週、南アフリカは並外れた再生可能エネルギー資源に恵まれており、低炭素経済への移行を促進しながら、南アフリカのエネルギー安全保障と貿易に貢献する可能性のあるグリーン水素生産に理想的な国になっていると述べました。

「新しい水素経済は、パートナーシップを通じて開発された水素エコシステムを共同で作成することによって可能になります。

南アフリカがグリーン水素市場で世界的に競争できるようにするためには、バリューチェーンパートナーシップの構築が不可欠です。

「これらのパートナーシップを通じて、国は、再生可能エネルギー、電解槽技術、燃料電池技術、製造、水素ベースの工業プロセス、持続可能な炭素調達など、グリーン水素バリューチェーンの重要な要素に能力を構築する必要があります。」

とあります。

ここ最近、日本のテレビメディアでもようやくSDGsという言葉が多く使われるようになり、キャンペーン的なものを始めてきました。

SDGs自体の動きは既に2016年から始まっており、国連加盟国の193ヶ国が共同で17の目標を2030年までに達成しようとするもの。

その内容は持続可能な開発目標ということで、平たく言えば、「みんな仲良くボランティア的な発想を持ちつつ地球に優しく」みたいな感じ。

そのボランティア的な発想を企業にも課すために、回り回ってビジネス的になっているというものですね。

トヨタとしては、地の時代の産業革命の象徴かのような、化石燃料をバンバン使う事業から、風の時代に向けたSDGs的な動きにより、クリーエネルギーに向けた動きをせざるを得ない。

これまでは化石燃料使用を半分以下にするハイブリッドから、トヨタ以外の自動車メーカーは電気自動車にシフトし、その流れに抗うかのようにトヨタは水素系にシフトしていくという進化ぶり。

自動車に関しては、公共交通機関のインフラがまだあまり整っていない新興国のほうがビジネス的なポテンシャルは高く、ターゲットは先進国からアフリカに向かっています。

おそらくですが、交通インフラが整っている先進国では、その整備された交通インフラをベースに、エンジンではなくモーターを使った電子制御された乗り物が中心になってくると思われます。

既に電車などがそれで、自動車も道路がある意味で線路的になるかのように、自動運転技術と組み合わさり、電車のいち車輌かのようなモーター使用の電気自動車が主流になってくるかも知れません。

そのような流れを考えると、先進国ではモーターの電気自動車の優位性が高まってくることも予想されるので、エンジンの開発に注力していたトヨタを始めとする自動車にメーカーは、苦境に立たされる可能性もあります。

つまりトヨタとしては、販路をアフリカでさらに拡大させる必要性があり、SDGs的な流れからも、モーターでも動く電気自動車に抗うかのように、エンジンを重視すべく、水素系の開発やインフラ整備が生き残りに不可欠になってきている感じがします。

今回南アフリカで、水素系の大型車両の長距離運転に成功したということで、トヨタはまだまだ勝負できそうですね。

トヨタのライバルは日産やメルセデスやフォードなどではなく、既にGoogleなどのテック企業に移っていると思いますので、日本代表企業としてがんばってもらいたいです。

(アフリカニュース)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s