フランスの環境ビジネス

フランスの通信会社Orangeが、アフリカと中東で通信塔の電力源として太陽光発電を行うイニシアチブを促進。(アフリカニュース)

https://www.developingtelecoms.com/telecom-technology/energy-sustainability/11118-solar-power-supports-orange-and-huawei-ventures-in-mea.html

記事によると、

太陽光発電はアフリカの多くのOrange子会社とヨルダンのHuaweiデータセンターの活動をサポートしています。

国際オペレーターのOrangeは、2040年までに二酸化炭素排出量をゼロにするために、アフリカと中東での太陽光発電プロジェクトを加速していると述べています。

サイトが電力網に接続できない、または常に依存できない場所では、発電機が使用されることが多く、化石燃料が必要です。 

Orangeは、そのような電源への依存を制限するために、ソーラーパネルなどのいくつかのイニシアチブを導入しています。

これは、すでにいくつかの子会社に当てはまります。現在、再生可能エネルギーの使用率は、Orangeギニアで50%以上、Orangeマダガスカルで41%、Orangeシエラレオネで40%です。

これらのソーラー パネルソリューションは、Orangeが存在する他のアフリカや中東の国、たとえばリベリアでも展開されており、Orangeの通信サイトの75%がソーラー パネルを備えています。

合計で、Orangeは5,400の通信サイト (一部は 100%ソーラー、その他はハイブリッド) にソーラー パネルを設置しており、毎年5,500万リットルの燃料を節約しています。

Orangeはまた、ヨルダンでさつのソーラー ファームを立ち上げました。

目標は、2025年までにグループの電力需要の 50%を再生可能エネルギー源から満たし、2040 年までに正味炭素ゼロにすることです。

一方、ドバイでは、Dubai Electricity and Water Authority (DEWA) のデジタル部門であるDigital DEWAの子会社であるMoro Hubが、通信大手の Huaweiと太陽光発電データセンターを建設する契約を結びました。

新しい100MWの施設は、ドバイ郊外の市の南東にある3,000MWのモハメッドビンラシッドアル マクトゥームソーラーパークに設置されます。

Moro Hubは、新しい施設が中東およびアフリカで最大の太陽光発電のUptime Tier III認定施設になると主張しています。

新しい施設は、Moro Hubの2番目の太陽光発電施設です。

同社は、ドバイマリーナに3,402平方メートル (36,600平方フィート)、8.8 MWのティア III 認定データセンターを持っています。

とあります。

着々とSDGsビジネスが進んでいる模様です。

いま世界経済の伸び率は、これまでの先進諸国であった欧米から、新興国を多く抱えるアジアやアフリカ地域に移ってきています。

成長が鈍化してしまった先進諸国が勢いのある新興国の先を常に行くには、新しいルールや枠組みを作ってリードしていくしかなく、環境問題なんかはピッタリです。

まさに意識高い系のビジネスで多少鼻につきますが、もうしばらく付き合ってあげるとしましょう。

アジアとアフリカが中心になる時代は確実に到来中です。

(アフリカニュース)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s