ナイジェリアでも先端医療の研究が始まっています。

ナイジェリアの遺伝子医療スタートアップ54geneがシリーズBラウンドで2,500万ドルを調達。(アフリカニュース)

https://techcrunch.com/2021/09/16/african-genomics-startup-54gene-raises-25m-to-expand-precision-medicine-capabilities/

Image Credits: 54gene

記事によると、

世界の製薬研究で使用されている遺伝物質の3%未満がアフリカからのものです。

アフリカ人とアフリカ系の人々は他のどの人口よりも遺伝的に多様であると報告されているので、驚異的なギャップは非常に驚くべきものです。

2019年の立ち上げ以来、アフリカのゲノミクススタートアップ54geneは、世界のゲノミクス市場におけるこの格差を埋める最前線に立ってきました。

今日、同社はその取り組みを強化するためにシリーズBの資金で2500万ドルを確保しました。

このラウンドは、Abasi Ene-Obong博士によって設立された同社がシリーズAで1500万ドルを調達してから1年後、450万ドルのシードラウンドを終了してから2年後に行われます。

合計で、54geneは創業以来4500万ドル以上を調達しました。

世界の分析されたゲノムは主にアフリカ以外の場所から来ているため、アフリカ大陸は健康と創薬の研究のための新しい遺伝情報の貴重な情報源であり続けています。

これは54geneの仕事が関連しているところです。

同社はこの研究を実施および活用して、アフリカ人が今後の薬物および医学的発見の受信者であることを確認します。

昨年、私たちが会社を取り上げたとき、CEOのEne-Obongは、54geneがこの研究を行うために、綿棒または血液検査を介して遺伝子サンプルを寄付する自発的な参加者を募集することを明らかにしました。

それはまだ非常にこのように機能します。

ただし、病院などのサードパーティのヘルスセンターに依存してサンプルを分析のために海外に送る代わりに、54geneは昨年9月にラゴスで独自の遺伝子シーケンシングおよびマイクロアレイラボを立ち上げました。

同社は、米国を拠点とするバイオテクノロジー企業であるイルミナと提携してこれを行いました。

Ene-Obong氏は、TechCrunchと話して、提供されているジェノタイピング機能に加えて、全ゲノムシーケンス(WGS)と全エクソームシーケンス(WES)も提供していると述べています。

専門用語であなたを退屈させないでください、しかしこれが重要である理由はここにあります。

ジェノタイピングでは、個人のDNAの0.02%しか表示されない傾向があります。

ただし、WGSは同じ人のDNAのほぼ100%を表示できます。

WESの場合、ヒトゲノムの1.5%にすぎませんが、既知の疾患関連変異体の約85%を示しています。

これら3つを導入することで、同社はゲノミクス研究を前進させ、アフリカの科学者や研究者を支援する能力を拡大することができます。

フィンテックやeコマースのような他の動きの速いセクターとは異なり、ヘルステックのイノベーションが最終的に形になるまでには時間がかかります。 

54geneは、このセクターで、さらにはアフリカでも2年足らずでシードステージからシリーズBに移行した数少ないスタートアップの1つです。

このような恐ろしいスピードが、会社が何を正しく行っているのか不思議に思っています。

私はCEOに、アフリカのゲノミクスの進歩において会社が実際に大きな進歩を遂げているかどうかを尋ねます。

彼は肯定的に答えます。

「バイオテクノロジーでは、医薬品の承認を通じて初期の研究を実施するという弧は長くなる可能性がありますが、私たちは、病気からのより良い医療提供と治療結果を提供する長期的な利益への短期的な成功に必要なバックボーンを構築するアプローチを取りました。」

CEOは、最初のラボを設置することに加えて、バイオバンキングの能力を5倍に増やしており、それを大きな成功と見なしていると述べています。

その最後の調達の間に、54geneは60,000サンプルのバイオバンク容量を持っていました。

Ene-Obongのコメントが通り過ぎるとすれば、2歳の会社は現在、30万サンプルのバイオバンク容量を持っており、最大50万を管理するという長期目標に近いものです。

もう1つは、会社の創薬活動の洞察を生み出すために必要なデータを生成および処理するための人材の採用とトレーニングです。

ナイジェリアには経験豊富な臨床医が不足しており、残りの数人が大勢の人を残しているため、なぜそれが会社にとっての勝利であるかを理解するのは難しいことではありません。

これを知っている54geneは、新しい資金の一部を使用して、より多くの専門家を採用およびトレーニングすることを計画しています。

資金のその他の用途は、シーケンシング、標的の同定と検証、および精密医療の臨床試験におけるその能力を拡大することです。

また、アフリカ大陸全体への拡大も非常に重要です。

54geneは、この拡大を支援するためにパートナーシップを承認する必要があります。

最近、同社とタンザニア人類遺伝学機構との間でパートナーシップが結ばれ、Ene-Obongは、54geneがより多くのパートナーとの会話のさまざまな段階にあると述べています。

しかし、彼は彼らが誰であるかについて固く口を閉ざしました。

「来年には東アフリカと西アフリカの国々に拡大するアフリカ初のアプローチに興奮しています」と彼は付け加えました。

54geneは、この目的のためにいくつかの採用を行いました。

MichelleEphraim、Colm O’Dushlaine、Peter Fekkes、Teresia Bost、Jude Uzonwanne —これらはすべて、Leica Biosystems、Regeneron Genetic Center、Novartis、Celgene、Billなどの企業で数十年の経験があります。メリンダゲイツ財団。

パンアフリカンベンチャーキャピタル会社のCathayAfricInvest InnovationFundがこのラウンドを主導しました。

同社のシリーズA資金調達の主な投資家であるAdjuvantCapitalは、KdT Ventures、Plexo Capital、Endeavourなどの他のVCの参加を得て再度投資しました。

とあります。

遺伝子医療は医療業界における先端分野だと言っても過言ではないでしょう。

遺伝子組み換えや遺伝子操作のような印象を持つ人もまだ多く存在し、根強い反対派もいます。

日本でも遺伝子医療の分野で研究を続けているベンチャー企業があり、このほどのコロナワクチンの開発でもDNAワクチン開発者を進めています。

しかし日本ではなかなか治験等が進まず、世界のワクチン開発から遅れを取ってしまっているのが現状。

日本人は保守的な側面があり、ワクチン自体に悪いイメージを持つ人も多い国のようで、なかなか苦労しています。

そんな遺伝子医療の分野で、ナイジェリアの企業が資金調達を成功させてきており、アフリカでの医療に貢献しようとしてきています。

ナイジェリアは人口が多い国でもありますので、治験の『数』を必要とする第3相試験も進みやすいと思われます。

医療分野は日本が得意とする分野でもありますが、国民感情と数の問題で、もしかするとナイジェリアの後塵を拝すポイントがあるかも知れません。

まぁさすがにその確率は低いと思いますが、ナイジェリアも医療分野でも先端をやり始めている事実はしっかり受け止めておいたほうがいいかも知れません。

(アフリカニュース)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s