抗マラリア薬の偽造率は39.9%、偽造医薬品の抑制を目指すガーナ。

ガーナ政府が政府によるオンライン薬局プラットフォームを立ち上げへ。(アフリカニュース)

https://www.agenceecofin.com/gestion-publique/2812-94163-le-ghana-numerise-ses-pharmacies-pour-faciliter-l-acces-aux-medicaments-de-qualite

記事によると、

過去10年間で、ガーナ政府は国内での偽造医薬品の拡散を抑制するための取り組みを強化してきました。

過去に記録された相対的な成功を考慮して、今回はトレーサビリティと効率の保証としてデジタル技術に重点が置かれました。

ガーナ共和国のマハムドゥ・バウミア副大統領(写真)は、薬局のデジタル化プロセスを開始しました。

最初のステップである、全国的な電子薬局プログラムを管理する規制の枠組みの正式な立ち上げは、12月22日水曜日に無事に完了しました。

第2段階である電子薬局プラットフォームの試運転は2022年に行われます。

プログラム全体が、人々の高品質な医薬品へのアクセスを改善するのに役立ちます。

薬局委員会や製薬会社を含むいくつかの利害関係者の貢献により開発された電子薬局プラットフォームは、食品医薬品局(FDA)データベースにリンクされ、提案された医薬品の承認の有無を認証し、無認可の薬局業務を確認します。

薬剤費の格差を減らし、薬剤師の活動を妨げる特定の管理上および配達上の問題を最小限に抑えます。

Mahamudu Bawumiaは、e-pharmacyプラットフォームは、「ガーナのファーマシューティカルケアへのアクセスを変革し、3,000万人を超える住民へのヘルスケアのアクセスと提供を改善する政府の試みを補完する最先端のイノベーションです。

電子薬局を通じた私たちの人口にとって、私たちの若者の未来を守り、私たちがまだ達成できていない規模での医薬品への合理的かつ責任あるアクセスを保証する上で、ゲームチェンジャーになる可能性があります。

2009年にFDAは、抗マラリア薬のみの場合、偽造率は39.9%であると示しました。

製薬業界全体でその割合が大きくなる可能性があることを認識し、2013年に当局は、質の悪い医薬品を特定するための中国からの支援を受け入れました。 

2017年、彼女は同じ目的で米国国際開発庁(USAID)と米国保健社会福祉省からの援助を受け入れました。

政府の電子薬局プラットフォームは、医薬品の信憑性を検証するためにガーナの新興企業m-Pedigreeによって開発されたアイデアに触発されています。 

m-Pedigreeは、Netexplorer Forum2011のグランプリに選ばれました。

ガーナの副社長は、「今日の世界の電子薬局市場は約810億ドルの価値があり、2027年までに2,440億ドルに成長すると予想されています。

国の電子薬局プラットフォームにより、ガーナはこの新しい製薬デジタル経済の一部となるでしょう。

とあります。

確かにガーナでは偽造医薬品が多かったです。

記事にもあるように、抗マラリア薬の偽造品は多く、マラリアでよりも偽造品で命を落とす人もいるほど。

中国からの支援を受けて、質の悪い医薬品を特定するための行動を始めているにも関わらず、中国から偽造品が大量にガーナに持ち込まれている事実にはツッコミどころ満載ですが、偽造医薬品排除の動きはいいことですね。

(アフリカニュース)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s