アフリカのエンドレス修理を防げることになるか

AIを組み込んだ拡張現実(AR)アプリで自動車の損傷状態を1分以内に評価する南アフリカのCarscanが2,000万ランドの追加調達。(アフリカニュース)

記事によると、

拡張現実の新興企業であるCarscanは、Kalon Venture Partners、Allan Grey E2 Ventures、AlphaCodeから100万ドルを超える設備投資を行った後続の資金調達ラウンドを成功裏に終了しました。

AIを利用したARアプリを使用すると、ユーザーは車のIDの正確で信頼性が高く、追跡可能なデジタル記録をキャプチャして共有できます。 

Carscanは、南アフリカ、ナイジェリア、インドの顧客で大きな牽引力を発揮し、最近一部の湾岸諸国で概念実証を成功させました。

創設者のObinsChoudharyとChanderPrakashは、自動車に関するデータを取得するのが難しい自動車業界のギャップを特定しました。

彼らのソリューションは、誰でも1分以内に車の詳細を評価して抽出できるデジタルサービスです。

このプロセスは、車のIDに関する重要なデータを明らかにするだけでなく、保険金請求プロセスを大幅にスピードアップし、車の所有者の多くのフラストレーションを軽減することができます。

この技術にはさまざまな用途がありますが、当面の焦点は保険目的の自動車検査です。

「私たちの革新的なテクノロジーは、拡張現実と上記のすべてに役立つAIベースのアプリを使用して、請求プロセスの従来の方法に取って代わります」とChoudhary氏は説明します。

「Carscanは消費者を支援し、請求プロセス全体をシンプルで摩擦のないものにします」とPrakash氏は付け加えます。

「Carscanチームは並外れた才能を発揮し、保険業界と自動車業界全体で大きな問題を解決していることを示しています。

同社は急速な成長を続けており、その牽引力と市場での受け入れが証明されています」と、KalonVenturePartnersのCEOであるCliveButkowはコメントしています。

「この後続のラウンドは、業界全体の大きな問題を解決するソリューションを提供するチームの能力の成長を証明しています。

このソリューションは、自動車業界を混乱させ、自動車と保険のバリューチェーンの多くの利害関係者の生活を楽にします。」

AlphaCodeのファンドエグゼクティブであるAbuCassimは、ベンチャー企業は「これが新しく設立されたファンドを通じた最初の投資であることを非常に誇りに思っています。 

Carscanは私たちの幅広いグループに最適であり、創設チームはこのソリューションの実行において並外れた適性を示しています。彼らがさまざまな市場でこのソリューションを成長させるのを楽しみにしています。」

とあります。

誰でも遠隔で1分以内に、車の損傷状態を把握することができる。

これにより保険請求の迅速化が図られ、修理依頼もしやすくなり、その分経済も早く回りやすくなるという感じでしょうかね。

アフリカでは修理工場によって診断はまちまちで、修理しても修理しても新たな修理が発生するという摩訶不思議な事がよく起こります。

つまり異常なほどのムダが存在していましたので、今回のニュースのような、自動で平均化が図られそうなサービスには期待したいところ。

アフリカはまだまだ車社会が続くと思われますので、変なトラブルが軽減できそうなサービスはありがたいですね。

(アフリカニュース)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s